フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経225の長期トレンドは下落基調継続!

  • 2019/01/04
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の長期トレンドを示す月足では、ダブルトップネックラインの18年3月安値20,347.49円を下抜けしたことから、下落トレンド入りとなっている。

12ヵ月SMA(赤線)も下向きとなっており、下向き圧力が強くなってきている。

また、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、価格は上昇したものの%Kと%Dは上値を切り下げるダイバージェンスとなっている。さらに%Kと%Dがかい離幅を広げながら両線とも下向きとなっていることから、下押し圧力が強いことを示している。

テクニカル的には、ダブルボトムネックラインを下抜けると、ダブルトップの高値とネックラインの値幅に対して、ネックラインから同値幅下落する可能性が高い。

高値からネックラインの値幅は4,100.58円となることから、ネックラインから同値幅下落すると16,246.91円が下値目処となりやすい。

この価格の近辺では、2013年2-3月ではレジスタンスとなり、2016年11月ではサポートとなり上昇基調を強めた値位置になっている。

そのため、もみ合いながらも16,200円台に接近する可能性があるので、警戒しておく必要がある。

戻り基調では、ネックラインとなる20,347.49円がレジスタンスとして意識される。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー