フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経225日足ではボックス相場それとも下抜け?

  • 2018/12/18
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の日足では、10月26日安値20,971円と12月3日高値22,629円のボックス相場となっている。ただ、12月3日には25日SMA(青線)がレジスタンスとなり上値を切り下げる展開となっている。また、5日SMA(赤線)もわずかに下向きとなってきているほか、10日SAM(黄線)や25日SMAも下向きとなっていることで、下押し圧力が強まってきている。そのため、10月26日安値20,971円が下値目処として意識される。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%K:25.72、%D:24.47と低位に位置しており、現在のところでは%Kが%Dを上抜けしていることから、戻り基調は残っている。

 

このボックス相場を下抜けすると、年初来安値となった3月26日安値20,347円が意識される。

 

長期トレンドとなる月足では、24ヵ月SMAの21,329円を下抜けしてきており、下押し圧力が強いことを示している。そのため、24ヵ月SMAを回復出来るかが注目点となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー