フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

イールドスプレッドで12月10日の米国株市場を先取り!

  • 2018/12/08
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

12月6日(木)の米国3市場は、NYダウ:79.40ドル安、S&P500:4.11ポイント安、NASDQ総合:29.83ポイント高となり、NYダウとS&P500が下落しNASDAQは上昇するまちまちの展開となった。。一方で米長期金利が2.888%と前日2.915%から金利は低下(価格は上昇)し、5日連続の低下となった。12月4日付けイールドスプレッドは、NYダウ:▲3.335%、S&P500:▲3.008%、NASDAQ:▲1.428%とイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)となった。

 

6日(木)の米国株式市場は、中国の通信大手ファーウェイの幹部逮捕を受けて、米中関係が悪化するとの警戒感が高まった。キャタピラーやボーイングなど中国向け売上比率が高い銘柄に売りが集まり、指数は一時780ドル超下げた。また、OPEC総会や翌日のOPEC非加盟国を加えた閣僚級会合を見極めたいとの思惑から、原油価格が下落したことも相場の重石となった。ただ、そのあとは米利上げ休止の思惑などを背景に取引終了にかけて急速に下げ幅を縮めた。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙のFEDウォッチャーは『FRBは12月の利上げでいったん利上げ局面を休止し、様子見モードに入ることを検討』と報じた。VIX指数は 20.74から21.19へ上昇した。

 

12月7日(金)の米国3市場は、NYダウ:558.72ドル安、S&P500:62.87ポイント安、NASDAQ:219.00ポイント安と3指標全て下落となった。また、米長期金利は前日比低下(価格は上昇)の2.849%と6日連続の金利低下となった。6日付けPERと株価から逆算して7日PER計算すると、NYダウ:15.71倍、S&P500:16.56倍、NASDAQ:22.46倍と3指数のRER全て前日から低下した。このPERを基に7日付けのイールドスプレッドを算出すると、NYダウ:▲3.516%、S&P500:▲3.188%、NASDAQ:▲1.603%となる。

 

参考となるのは、10月3日の株価下落直前のピークでは、NYダウ:▲2.468%、S&P500:▲2.146%、NASDAQ:▲0.601%となる。一方で10月29日に底値となったNYダウ:▲3.115%、S&P500:2.865%、NASDAQ:▲1.333%である。

 

7日(金)の米国株は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非OPEC加盟国が減産で合意し、原油価格の上昇に伴い買いが先行した。しかし、米中貿易摩擦の激化懸念や、米11月雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を大きく下振れ、平均時給の伸びも前月比横ばいとなり、米景気の後退懸念が強まった。また、1月以降の追加利上げ観測が後退する中、改めて米景気の鈍化が意識され、大幅下落となった。3指数ともイールドスプレッドは大幅に拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)した。10月29日の反転した時のイールドスプレッドより大幅拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)となった。12月7日(金)では、イールドスプレッドの割安感が増大した。ただ、先行きの米国経済への不安の方が勝り下落基調が継続している。

 

テクニカル的に見てみると、NYダウは、引き続き10月29日安値と11月23日安値を結んだトレンドラインがサポートとして意識され下押しを回避している。また、年初来高値の10月3日26,951ドルからの10%下落となる24,256ドルもサポートとして意識されている。そして、ロウソク足では、260日SMAがレジスタンスとなる上ヒゲとサポートラインからの短い下ヒゲ大陰線で終了したことで、戻り基調の弱いロウソク足となった。引き続き下押し圧力が強いことを示している。

 

S&P500は、10日SMAがレジスタンスとなり、上ヒゲを伴う下ヒゲの短い大陰線となった。NYダウ同様に戻りの弱い展開となっている。S&P500では前日安値となった2,621ポイントがサポートとして意識された。

 

NASDAQは、前日に上昇した分下げのきつい展開となった。10日SMAの7,175ポイントや25日SMA7,228ポイントがレジスタンスとなり、他の2指標同様に上ヒゲを伴い下ヒゲの短い大陰線で終了した。

 

3指数とも総じて弱い展開となった。特に下ヒゲの短い大陰線となったことで、下押し圧力が強いまま終了した。また、長期金利が連日低下している一方で、株価は大幅な下落調整となりイールドスプレッドでは直近の相場で割安感が強い。そのため、一旦買い戻しの動きとなっても不思議ではない。市場では、米FRBの利上げ打ち止めの思惑も広がっている一方で、米国の先行き景気減速懸念が上回っている。ただ、FRBメンバーやトランプ政権内からも利上げについてのハト派的な発言や、米国景気の強さについてのコメントが増えている。かなり米国株の不安定さえを意識した発言内容となっている。市場では、NYダウの年初来高値からの10%下落24,256ドルが下値目処として意識される展開となっている。市場では、中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)幹部の逮捕を受けて、米中貿易交渉への影響懸念も意識され株価の不安定の材料となっている。

 

※毎日イールドスプレッドを掲載していきますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー