フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米景気後退懸念でドル売り!

  • 2018/12/08
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、NYダウ先物が続落、日経先物も120円安に反落する中、ドルは全般もみ合い商状となった。なお、欧州株は反発して取引を開始した。欧州株が上昇幅を広げ、日経先物も下げ幅を縮小したことを背景に、円売りがやや優勢となった。その後は、米11月雇用統計を前に様子見ムードが広がった。欧州株は全面高も、NYダウ先物は下落、米長期金利は前日比やや低下して推移したことで、売り買い仕掛けづらい展開となった。

 

米国の雇用統計や平均賃金が市場予想を下回り、初期反応としてドル売りが優勢になった。OPECプラス会合で原油減産が合意となり、原油上昇で米長期金利も上昇しドルが持ち直した。NYダウがマイナス圏に沈み込み、下げ幅を拡大する動きをながめドル売りが再開した。その後、NYダウが400ドル超下落したため、リスク回避の円買い・ドル売りが強まった。クドローNEC委員長が『FRBは12月の利上げ後、かなり長い間利上げを休止すると予想』と述べ、一方、ブレイナードFRB理事は『斬新的な利上げは短期的に適切』との発言後にドル買い戻しとなった。しかし、米長期金利や軟調な米株が重石となり押し戻される展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・7-9月期GDP確定値:前年比+1.6%(予想:+1.7%、改定値:+1.7%)

・米・11月非農業部門雇用者数:+15.5万人(予想:+19.8万人、10月:+23.7万人←+25.0万人)
・米・11月平均時給:前月比+0.2%、前年比3.1%(予想:0.3%、+3.1%、10月:+0.1%←+0.2%、+3.1%)
・米・11月失業率:3.7%(予想:3.7%、10月:3.7%)
・米・11月労働参加率:62.9%(予想62.9%、10月62.9%)
・米・11月不完全雇用率:7.6%(10月7.4%)
・カナダ・11月失業率:5.6%(予想:5.8%、10月:5.8%)
・カナダ・11月雇用者数増減:9.4万人(予想:+1.0万人、10月:+1.12万人)
・米・10月卸売在庫改定値:前月比+0.8%(予想:+0.7%、速報値:+0.7%)
・米・10月卸売売上高改定値:前月比-0.2%(速報値:+0.1%←+0.2%)
・米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:97.5(予想:97.0、11月:97.5)
・米・12月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2.7%(11月:2.8%)
・米・12月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:2.4%(11月:2.6%)
・米・10月消費者信用残高:+253.84億ドル(予想:+150.00億ドル、9月:+115.7億ドル←+109.23億ドル)

★欧米市場のポイント

・112.52-90円のレンジ相場

・独DCUの党首選ではメルケルしの側近

・伊経済相の辞任を全面否定

・OPECプラス会合で減産合意

・米雇用指標は鈍化傾向

・米要人から利上げについてハト派発言

・VIX指数は21.19から23.23へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー