フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円欧米タイム動向!

  • 2016/02/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

DY5m0202

 

★日経平均株価が大幅に上昇したが、上海総合株価指数がマイナス圏推移し欧米の株式先物は強弱まちまちだったことで、ドル/円は積極的なドル買いが手控えられ円高121円台前半まで円高が進んだ。また、原油先物価格が戻り弱く32ドル台後半に再下落したことも円買いにつながった。その後、欧米株や日経平均先物は軟調推移するも、時間外の米10年物国債利回りが上昇したことでドルを下支えした。米国株の下落幅が拡大したことや債券利回りの上昇が縮小したこと、原油反落などから再びドル売りが強まった。米国の個人支出やPCEデフレータなどの経済指標が伸び悩み、前週末のドル高の反動調整でドル売りが優勢となった。その後発表された米1月ISM製造業景況指数と12月建設支出が予想を下回ったことで、ドル売りが加速した。米国株の下げ幅が縮小したことや、原油価格が一時31.87ドルまで下げる場面があったものの、一巡後は32ドル台を回復したことで、ドルの買い戻しが優勢となった。その後はもみ合い相場となり121.10円前後での動きとなっていたが引けにかけて様子見ムードが強まり、一時121円を割り込む動きとなった。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー