フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ユーロ/ドル60分足では上値が重い!

  • 2016/01/18
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

ユーロドル60分足0118

★1月9日以降のユーロ/ドルでは、1.1000ドル近辺では上値が重い展開となっています。ただ、120時間線(赤:日足では5日線)、240時間線(茶:日足では10日線)の上にあることや26期間先の先行スパン1が上向きを維持していることから、ユーロの強い展開は継続しています。更に雲の上にあることもユーロが強いことを示現しています。下値では、24時間線(緑:日足では1日線)の1.0904ドルが下値抵抗ラインとなっています。

 

価格帯別出来高では、1.0950ドル前後で出来高が多く、一旦含み損を抱えた買い方からの『やれやれの売り』が入りやすく上値を抑えています。

 

MACD(パラメータ:12、26、9)では、ゼロラインの上からMACDとシグナルがデットクロス寸前となっています。また、ストキャスティクススロー(パラメータ:14、3、3、20、80)では、買われ過ぎとなる80%ラインから徐々に低下しています。

 

今後の展開では、24時間線が下値抵抗ラインとなるのかですが、下値には雲の上限や120時間線、240時間線など下値抵抗ラインも多くあることから、ユーロが押されても軽微な押しとなる可能性があります。ただ、オシレータでは、下落基調となっていますので、押したところでは反発ところを見極める必要があります。また、上値も1.0950ドル近辺では、『やれやれ売り』や『利益確定売り』などで重い展開になると予想されます。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー