フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均、買い一巡後は徐々に上値が重くなる展開か

  • 2017/09/11
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 先週末の米国株式市場は高安マチマチ。S&P500種株価指数は前日比0.14%下落の2461.43で取引を終え、NYダウは、13.01ドル(0.05%)高の21797.79で取引を終了した。ナスダック総合指数は0.58%安の下落となった。北朝鮮情勢やイルマがフロリダ州に与える影響が警戒される中、メキシコの大地震が相場の重しとなった。早朝の外国為替市場ではドル円が反発となっている。
 週末に警戒されていた北朝鮮によるさらなる軍事的挑発が見られなかったことや米ハリケーン「イルマ」の勢力がやや弱まったことなどから、円の売りポジションを手じまう動きが観測されている。
 本日の日経平均は円高基調一服から買い優勢も上値の重い展開か。9日は北朝鮮の建国記念日であったが、ミサイルの発射は観測されなかった。しかしながら、ミサイル発射懸念はくすぶり、北朝鮮に絡む地政学的リスクは相場の重しとなりそうだ。米国での大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ半島に10日到達した。やや勢いがなくなったとはいえ「ハービー」に続き、猛威をふるっている。米利上げ時期の後退要因になる可能性も否めず円高要因となる可能性も否めない。 

【買い材料】

・NYダウ上昇(21797.79、+13.01)
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(19150、+10)
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い

【売り材料】

・ナスダックは下落(6360.19、-37.68)
・ロンドン株式市場=反落、鉱業株と消費関連株に売り
・NY為替-北朝鮮リスクで、ドル円は107円前半まで下落
・米原油先物が3%下落、「イルマ」接近でエネルギー需要に懸念(47.48、-1.61)
・恐怖指数VIXは12.12、前日比上昇
・「イルマ」フロリダ州上陸へ、テーマパーク休業相次ぐ
・ハリケーン「ホセ」、カテゴリー4に勢力拡大
・メキシコ地震、死者90人に
・米ハリケーン「ハービー」による被害
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・北朝鮮ハッカーがATM攻撃
・トランプ政権、政策運営に不透明感

【その他注目点】

・米国株式市場-まちまち ハリケーンや北朝鮮リスクが引き続き重し
・欧州株式市場-まちまち、週末の北朝鮮リスクで動きにくい
・米債券市場-反落、週末リスクイベントあるも調整が入る
・欧州債-独債・英債、ともに小反落
・NY金先物-続伸も、利食いと銅の下落で小幅高

・米7月卸売売上高(前月比)-0.1%〔予想 +0.4%〕(前回発表値 +0.7%)
・米7月卸売在庫・確報値(前月比)+0.6%(前回発表値 +0.4%)
・米7月消費者信用残高 +184.99億ドル〔予想 +151億ドル〕(前回発表値 +123.97億ドル)

・トランプ米大統領、税制改革迅速化を要求 ハリケーンの影響考慮
・トランプ米大統領、連邦債務上限の3カ月引き上げと152億5000万ドルのハリケーン「ハービー」などの災害救済法案に署名
・米利上げ時期の予想は時期尚早=NY連銀総裁

《スケジュール》

08:50  7月機械受注
08:50  8月マネーストックM2
13:30  7月第三次産業活動指数
15:00  工作機械受注(8月) 

21:15  8月カナダ住宅着工件数
12日02:00  米財務省、3年債(240億ドル)入札

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー