フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円日足ではフィボナッチ級数線では!

  • 2017/09/01
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

USDJPYD0901

 

★ドル/円の日足で、38日指数平滑線(赤線)62日指数平滑線(青線)を使った投資法としては、38日線が62日線を下回っていることから戻り売り目線となる。

ただ、パラボリック(パラメータ:0.08、0.3)は8月30日に買転しており、MACD(パラメータ:12、26、9)もゼロラインの下方で、MACDとシグナルがゴールデンクロスして緩やかに上昇基調となっている。

 

昨日は62日線まで上昇したものの、結局は上値抵抗ラインとなり38日線をも下抜けた。本日の38日線は110.35円、62日線は110.72円に位置している。

基本的には、この投資法は両線を上抜けした場合でも38日線と62日線がゴールデンクロスするまでは、売り目線が続くことになる。また、ストップロスと利益確定売りは自分なりのルールで決める必要がある。そのため、パラボリックとMACDを設定しており、ストップロスや利益確定売りの目安にする。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー