フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均は反落 円高基調や安倍政権支持率低迷が重し

  • 2017/07/21
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は反落して、前日比44円84銭(0.22%)安の2万99円75銭で取引を終了した。外国為替市場での円高基調に加え、安倍政権の支持率低迷への警戒感が上値の重しとなった。一方で、日銀のETF買いと好決算を発表した安川電機など好業績銘柄には買いが入り、指数を支えた。
 TOPIXも反落して、前日比3.02(0.18%)安の1629.99で取引を終えた。東証1部の売買代金は1兆9967億円、売買高は15億3402万株だった。大引けにかけ日経型インデックスが流入して、1銘柄あたり約12万株程の商いが観測、大引け間際で東証1部売買代金は約2800億円膨らんだものの、2兆円まで届かなかった。東証1部の値下がり銘柄数は964、値上がりは924、変わらずは137銘柄だった。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー