フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均4営業日ぶりの下落 IT関連が軟調推移

  • 2017/06/28
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は4営業日ぶりの反落で、前日比94円68銭(0.47%)安の2万130円41銭で取引を終了した。堅調に推移する銀行株を背景にTOPIXは一時プラスに転じる場面があったが、27日の米ナスダックの下落を受け、ハイテクセクターが軟調推移し、指数の重しとなった。東京エレクトロンが4.26%と大幅に下落し、日経平均に対し1銘柄で約26円の押し下げ要因となった。大引けにかけ日経型インデックスが流入、1銘柄あたり約7万株程の商いが観測され、大引け間際で東証1部売買代金は約2600億円程度膨らんだ。
 TOPIXも4営業日ぶりの反落で、前日比4.65ポイント(0.29%)安の1614.37で取引を終えた。東証1部の売買代金は2兆4293億円、売買高は19億2007万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1383、値上がりは503、変わらずは112銘柄だった。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー