フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

徐々に上値重くなるドル/円相場!

  • 2017/06/07
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

USDJPY0607

 

★欧州市場序盤では、ドルが下値を広げた後、株価や米長期金利が下げ渋るなか、ドル売りの勢いは一服となったが、109.65付近でもみ合い推移した。しかし、日経先物が失速したほか、米長期金利の低下幅拡大も重しとなり、リスク回避の円買いが強まった。また、『中国は人民元の安定で米国債を追加購入する用意がある』と伝わり、米長期金利が急低下sるにつれ円買いが加速した。ただ、新規手掛かり材料難にリスク回避ムードがやや後退し、109.45円近辺で下げ渋った。発表された米4月JOLT(求人労働移動調査)求人件数が予想を大きく上回る増加を受けて、ドル買いが徐々に強まった。ドルの買い戻し調整後は、対オセアニア通貨などでドル安が進んだことで戻り売りに押された。その後は、米長期金利の低下が一服するとやや下値を切り上げた。ABCニュースで『コミー前FBI長官はフリン氏を巡る捜査で、トランプ米大統領にる司法妨害があったとまでは言わない公算が大きい』と報じると、じわりとドル買いが強まった。ただ、買い戻しも長続きしなかった。

 

中国の米債券購入報道で、ドルの上値がより重くなる展開となった。また、8-9日のリスクイベントを控え、上値では戻り売りが強まり、109円台半ばが上値抵抗ラインとなっている。本日も米長期金利の動向や日経平均株価次第では109円台割れトライとなる可能性があるので警戒が必要となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー