フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

NYダウは米重要イベント控え200日線に注目!

  • 2018/05/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★NYダウの日足では、一旦下落しても引けにかけて戻り基調なる下ヒゲロウソク足となる展開が多くなっている。下値では200日線(紫線)23,728ドルが意識されており、大きく下落しても200日線前後で下げ止まる展開となっている。

ただ、上値では5日線(赤線)24,196ドル10日線(黄線)24,333ドル25日線(青線)24,252ドルを下抜けしていることから、短中期的には下落基調となっている。また、各移動平均線がレジスタンスとして意識され、上値を抑えている。

ロウソク足では、前日ロウソク足に対して上値・下値を切り下げる下落基調となっている。ただ、昨日は『たぐり線』のような『トンボ』のようなロウソク足となっており、下値では押し目買いが買いっていることを示している。

ストキャスティクスン・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%K:35.84、%D: 40.10と%Kが%Dを下抜け%Kが下向きとなっていることで、下落基調を示している。

 

米国では、今晩から週末までに重要イベントとなるFOMC会合、米4月ADP雇用統計、米3月貿易収支、米4月ISM非製造業PMI、米4月雇用統計など経済イベントが控えている。また、週末にはFRB要人の講演が集中しており、今後の米国のインフレ動向や利上げに関する発言などで株価も大きく変動しやすくなる。その際、200日線を死守出来るのか、または200日線を下抜け260日線(茶線)が位置する23,131ドルが視界に入ってくるかなどが注目される。トレンド的には高値・安値を切り下げる下落トレンドとなっていることには警戒が必要となる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス