フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場 買い先行も徐々に上値が重くなる展開か?

  • 2016/09/16
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 米国株式市場は反発。S&P500種株価指数は前日比1%高の2147.26で終了し、NYダウは177.71ドル(1%)上げて18212.48ドルで取引を終えた。アップルがけん引きした他、原油価格の反発でエネルギー関連銘柄が上昇した。アップルは3.4%高。新型スマートフォン・iPhone7プラスの世界の初回出荷分が完売したとの報道が好感された。また、8月の小売売上高と鉱工業生産が市場予想を超える落ち込みとなったことで、FRBが来週利上げを決めるとの観測は一段と薄れ、このことが一因となり、安堵感からプラスに株価に寄与した。
 NYMEXのWTI先物10月限は前日比33セント(0.76%)高い1バレル=43.91ドルで取引を終了した。米メキシコ湾岸から東部への主要パイプラインで9日発生したガソリン漏れ事故で、稼働再開は来週にずれ込むとの市場に伝わったことやインディアナ州の製油施設では今週末に修復作業が行われる予定で、生産量が通常の半分程度に落ち込むとの報が材料視された。
 前日のGLOBEXの225先物(円ベース)の清算値は前日比30円高の16390円。同日のOSE終値(16260円)比130円高だった。出来高は45196枚。米国市場では9月の利上げはないとの見方からドル安・株高の展開となった。その地合いを引き継ぐ形で、本日の日経平均は買いが優勢に始まりそうだが、上値は海外勢などからの売り継続で限定的となりそうだ。この2日間で、ソシエテジェネラルが日経先物1700億円を売りに出している。また、日銀のマイナス金利深掘り観測の報道でメガバンク中心に銀行株に売りが先行している状況だ。大引けでは、FTSE指数のリバランスが発生する。300億円程度の資金流出になる様だ。225先物は、一昨日に5日・25日線のデッドクロスが発生した。そして、サポートラインになると思われた8月26日安値(16320円)をもギブンされ、目先、一目の雲の下限(16025円)までの下落が警戒される。13週線や26週線が16297円から16395円に集まっているため、本日はここをキープできるかどうかに注目される。

【買い材料】

・日銀のETF買入れによる需給下支え
・米国株式市場-大幅高 アップルの大幅続伸が上昇をけん引
・ナスダック上昇(5249.69、+75.92)
・NYダウ上昇(18212.48、+177.71)
・米アップル堅調、iPhone7plus初回出荷分完売
・欧州株式市場-上昇 米株高にキャッチアップ
・NY原油先物-反発 短期的な値頃感で買い戻し(43.91、+0.33)
・CME225先物は大阪取引所比で上昇、16390で引け
・恐怖指数VIXは16.30、前日比低下

【売り材料】

・米利上げ時期を巡る強弱感対立
・NY為替-ドル円「いって来い」 米利上げ観測は後退
・北朝鮮、地政学リスク
・米8月小売売上高0.3%減

【その他注目点】

・休場:中国、香港、マレーシア
・スロバキア EU首脳会議(英国除,ブラチスラバ)
・無料Wi-Fi 一度登録すれば全国的に利用可能へ
・「標的型メール」の攻撃 上半期としては最多に
・ノムラシステムコーポレーションが上場

・米債券市場-ほぼ変わらず 長短利回り格差は拡大
・欧州債-反落 米国債の値動きにも連れる
・NY金先物-反落 地合いの悪さ続く
・CRB指数-反発 ガソリン、暖房油が上昇 小麦、金が下落

・英MPC議事録
「政策金利・資産購入枠は全員一致で据え置き」
「最近のデータは個人消費よりも設備投資のほうが急激に鈍化するという見通しに沿っている」
「追加緩和が前向きな影響を及ぼしている」
「MPCは家計が直面する資産価格や金利を注視」
「年内のインフレ見通しは想定よりやや低くとどまると想定」
「来年前半に物価は2%に到達する見通し」
「8月の追加緩和は予想以上に資産価格を押し上げた」
「住宅市場の短期的な見通しは想定より悪くない、消費はやや強め」
「MPCの景気見通しの概観は8月と変わっていない」
「第3四半期のGDP見通しを前期比+0.3%に上方修正、従来は+0.1%」
「英経済の短期的なモメンタムは8月の想定と比較してやや上向き」

・米国の挑発に対し新たな攻撃を仕掛ける用意がある-北朝鮮外相
・今後10年で2500万人の雇用を創出する-米共和党ドナルド・トランプ大統領候補
・米FRBの銀行へのストレステストが法律に抵触した可能性と指摘-米銀行団体

《スケジュール》

17:00  業態別の日銀当座預金残高(8月)    

19:30  露・ロシア中央銀行が政策金利発表  
21:30  米・消費者物価コア指数(8月) 
23:00  米・ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(9月)  
25:00  米・家計純資産(4-6月)    
29:00  米・対米証券投資収支(7月)  

《米決算発表》

オラクルなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー