フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

海外勢のポジション調整や投機的な動きが観測

  • 2016/09/15
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は続落し、前日比209円23銭(1.26%)安の1万6405円01銭で取引を終了した。日経先物12月限も続落し、220円安の16260円で終えた。売買高は4万9250枚だった。前日の米国株式市場は高安マチマチの展開だったが、海外原油安や為替が円高基調に振れたことが嫌気され、売りが優勢の展開となった。日米の金融政策決定会合を控え、海外投資家のリスク資産のポジション調整の動きや投機的な動きなどが警戒された。後場は、日銀のETF買い観測も台頭したが戻りは鈍く、銀行、不動産、自動車などの下げが目立った。
 JPX日経インデックス400は続落し、前日比131.37ポイント(1.11%)安の1万1670.87で取引を終了した。TOPIXは2年超ぶりの7日続落で、13.63ポイント(1.04%)安の1301.11で終えた。東証1部の売買代金は1兆8744億円、売買高は16億7356万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1412、値上がり438銘柄、変わらずは125銘柄だった。

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー