フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

4日連続の日銀ETF買いもTOPIXは6日続落

  • 2016/09/14
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は反落し、終値は前日比114円80銭(0.69%)安の1万6614円24銭で終えた。前日の米国株市場の下落を嫌気し、売り先行となった。日銀のマイナス金利の深掘り観測でメガバンクを中心に銀行株が軟調に推移した。本日付の日本経済新聞朝刊は、日銀が20、21日に開く金融政策決定会合でまとめる異次元緩和の総括的な検証で、今後の金融緩和の軸にマイナス金利政策の深掘りを据える方針と報じた。一方で、相場を支えたのは、日銀のETF買いへの期待感と円安基調を好感した輸出関連株だった。
 日経先物12月限は反落し、前日比120円安の16480円で取引を終了した。売買高は4万1029枚。5日線が25日線を下回りデッドクロスが発生し、短期的な売りシグナル形成された。12日の安値(16460円)をギブンされたことから、サポートラインは8月26日の安値(16320円)が目先の下値メドとして意識される。一方で、目先の上値レジスタンスラインは13日の高値(16700円)が意識され、早めのテイクンとなれば週足の下限(16885円)までの戻りもありそうだ。
 JPX日経インデックス400の終値は前日比68.50ポイント(0.58%)安の1万1802.24で取引を終了した。TOPIXは6日続落となり、8.25ポイント(0.62%)安の1314.74で終えた。東証1部の売買代金は1兆7672億円、売買高は16億6404万株だった。値下がり銘柄数は1281、値上がりは533、変わらずは161銘柄だった。

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー