フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

米主要3指数高値更新も円高基調を嫌気?

  • 2016/08/16
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 米国株式市場は最高値を更新。S&P500種株価指数は前営業日比0.3%高の2190.15で取引を終了。NYダウは59.58ドル(0.3%)上昇の18636.05ドル、ナスダック総合指数は0.6%上昇し、それぞれ最高値を更新した。堅調に推移していた欧州株式市場の流れを引き継ぎ、更に、原油の上昇やハイテク株や銀行株、商品関連銘柄がけん引役となった。
 NYMEXのWTI先物9月限は前営業日比1.25ドル(2.81%)高い1バレル=45.74ドルで取引を終了。終値ベースで7月15日以来の高値となった。産油国が相場安定策を協議するとの観測が好感された。また、WTIの受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫が減少したとの報道も、原油買いを後押しした。
 前日のOSE225先物9月限ナイトセッションは、OSE比変わらずの16870円で終了。売買高は9705枚。CME225先物(円建て)の清算値はOSE比変わらずの16870円。2万枚台で低調となった。本日の日経平均は、米国株式市場で主要3指数が史上最高値を更新したものの、円高傾向となっている事などから上値が重い印象となりそうだ。国内では特に大きな材料はない。7月の首都圏マンション販売件数が発表される程度。海外では、8月の豪・中銀理事会の議事録公表が現地時間11時半にある。お盆休暇で薄商いの中、引き続き為替動向を睨みながらの展開と想定される。

【買い材料】

・日銀、ETF買入れによる需給押し上げ
・事業規模28兆円超の経済対策の効果
・米国株式市場-堅調 主要3指数が再び史上最高値を更新
・NYダウは上昇(18636.05、+59.58)
・ナスダックは上昇(5262.02、+29.12)
・欧州株式市場-上昇、英FT100は8連騰
・NY原油先物-続伸、産油国会合への期待を背景に(45.74、+1.25)
・仮想通貨の売買活況、FXから資金流入

【売り材料】

・NY為替-先週末のドル安引き継ぐも、値動きは鈍い 101円20-30銭
・夏枯れ相場、売買代金1.5兆円止まり
・円高の影響で業績に減速感
・恐怖指数VIXは11.81、前日比上昇

【その他注目点】

・CME225先物は大阪取引所比で横ばい(16870、±0)
・米債券市場-反落、株価や原油価格が堅調で
・欧州債-反落も、英債利回りは一時過去最低水準に
・NY金先物-小反発、米年内利上げ期待は高まらず
・CRB指数-続伸 暖房油、大豆が上昇 ニッケル、綿が下落
・中国の外為資金残高が9カ月連続で前月割れ、減少幅は拡大
・光大証券、公開価格が12.68HKドルに決定-18日、香港メインボードに上場
・独連銀月報「英EU離脱の影響、独企業への影響は限られる」
・先週発生したタイ爆破事件で観光客が最大20万人減の可能性-タイ政府観光庁総裁
・クリントン氏の支持率上昇
・リオ五輪、日本メダル量産、目標の30個射程に

・米8月NY連銀製造業景況指数-4.21〔予想 +2.50〕(前回発表値 +0.55)
・米8月NAHB住宅市場指数 60〔予想 60〕(前回発表値 59)
・米6月対米証券投資-36億ドル(前回発表値 411億ドルの流入)

・ノバク・ロシアエネルギー相
「サウジと協力に関して対話」
「市場安定へ向けた話し合い継続する決意」

13:00  首都圏マンション発売(7月)    
17:00  業態別の日銀当座預金残高(7月)    

05:00  米・対米証券投資収支(6月)   
15:30  印・卸売物価指数(7月)  
17:30  英・物価統計(7月)    
18:00  独・ZEW期待調査(8月)   
18:00  欧・貿易収支(6月)   
18:00  欧・ZEW期待調査(8月)   
21:30  米・住宅着工件数(7月)  
21:30  米・住宅建設許可件数(7月)  
21:30  米・消費者物価コア指数(7月)  
22:15  米・鉱工業生産指数(7月) 
22:15  米・設備稼働率(7月) 

《米決算発表》

アドバンス・オート・パーツ、アーバンアウトフィッターズ、ホーム・デポ、TJXカンパニーズなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー