フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場反落 売買高は今年最低

  • 2016/08/15
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は反落し、前週末比50円36銭(0.30%)安の1万6869円56銭で取引を終了した。薄商いの中方向感が乏しい中、円高基調が上値を圧迫。一方で、13日付の日経新聞が一面で「金融庁は日銀のマイナス金利政策が3メガ銀行グループの2017年3月期決算で少なくとも3000億円の減益要因になるとの調査結果をまとめた」、「日銀に懸念を伝えた」と報道。金融庁からの異例の対応を受けて、マイナス金利政策が見直されるのでは無いかとの思惑が台頭して加重型が相対的に堅調に推移していたことが相場の下支え要因となった。寄り付き前に発表された2016年4─6月期の実質国内総生産は、年率換算でプラス0.2%と、事前予測(年率プラス0.7%)をやや下回ったが、株式市場への影響は限定的であった。市場の注目を浴びたのが、日経平均オプション市場の権利行使価格1万5000円のプット9月限の売買高。売買高が6000枚以上となり、前営業日から3倍近くに膨らんだ。日銀からのETF買いを期待する声が訊かれたが、本日は入らなかった模様だ。買い入れ対象と推察される19のETFのうち、50億円以上で翌日公表となっている7のETF以外では日銀への受け渡しと推察されるクロスは観測されず。JPX日経インデックス400は反落し、前週末比58.40ポイント(0.49%)安の1万1853.67で取引を終了。TOPIXも反落し6.59ポイント(0.50%)安の1316.63で終え、東証1部の売買代金は概算で1兆5701億円と、5月30日(1兆5605億円)以来の低水準だった。売買高は12億4377万株と今年最低を記録し、2014年4月18日以来の低水準だった。東証1部の値下がり銘柄数は1260、値上がりは568、変わらずは144銘柄だった。

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー