株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • TOCOMリアルトレードコンテスト
マーケット情報

株式・FX市場情報

8月第3週週間米蔵FXリポート!

  • 2017/08/12
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • ホットニュース

★北朝鮮を巡る地政学リスクが高まり円買い・ドル売りが進行する展開となっているが、1995年以降の8月は月初から月末にかけて9勝13敗と陰線になることが多い月でもある。季節要因として米国債の償還と利払いが15日前後にあり、9月決算に備えて本邦機関投資家が円買い・ドル売りを進めることが多いからである。特に昨今では、日銀による金融緩和から国内長期金利がほぼゼロパーセントまで低下しており、本邦機関投資家も外債購入を進めている。ただ、15日以降は米国債絡みの円買い・ドル売りは沈静化する。8月13日から9月5日に水星逆行期に入る。水星逆行期の特徴は、ボラティリティが高まるものの、トレンドが出にくい相場展開となりやすい。また、この時期はオシレータが劣化しやすいく、買われ過ぎ・売られ過ぎからでも、もう一段の上昇・下落となることが多い。そのため、この時期は上下に大きく振れやすいことから『今日の含み益は明日の含み損』になりやすいので、早めの利益確定が良い時期となる。

14日(月)PM6:15はラジオNIKKEI第一の『真壁昭夫のマーケットビュー』に出演することになっている。今回の深堀では『水星逆行』を取り上げるので、興味にある方は是非ご視聴願いたい。

 

下記の『FX Weekly Report August-tihird week 2017』をクリック

FX Weekly Report August-third week 2017

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •