フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円は転換線が上値抵抗ラインに!

  • 2016/07/26
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

DLJPYD0726

 

ドル/円は、日経平均株価の下落につれリスク回避の動きが強まり105円割れとなっている。また、市場では『相模原の障害者施設での刺殺事件を受け海外勢からドル売りが持ち込まれた』との指摘もある。さらに、日本政府の経済対策による織り込みが進捗してきたことも株売り・円買いを誘ったとの見方もある。

 

ドル/円の一目均衡表の日足では、7月21日に雲の上限が上値意識され、その後は雲の下限を下回る展開となっている。本日の下げで転換線9日の105.72円を下回ったことで、戻り基調では上値抵抗ラインとなりやすい。下落基調が継続すると下値では基準線の103.23円が目処となりそうだ。遅行線はロウソク足を一旦上抜けしたが、現在は下向きとなりロウソク足に向かって低下している。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)では、%Kと%Dは下向きを維持していることから、下落基調が持続しているので注意が必要だ。

 

今週は日米の金融政策会合を控え、利益確定やポジション調整などが短期筋から入りやすく、値幅が大きくなる可能性があるので警戒が必要だ。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー