フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

本日オプションSQ日 それ以上に警戒されるETF決算

  • 2016/07/08
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

7日の米国株市場はマチマチの展開。S&P500種株価指数は0.1%下げて2097.90で取引を終了。NYダウは22.74ドル(0.1%)安の17895.88ドルで終え、ナスダック総合指数は0.4%上昇で取引を終了した。朝方に発表された週間の失業保険申請件数25万4千人が市場予想の26万8千人を下回ったことで、米雇用改善を見込んだ買いが先行。欧州市場で英ポンドが3日ぶりに反発したことや英製造業統計が予想を上回った事などを好感し買いが優勢となった。しかしながら、今夜の6月雇用統計を控えてポジション整理を先行させる動きなどから昼前にはマイナス圏に転じた。NYMEXのWTI先物8月限は前日比2.29ドル(4.83%)安い1バレル=45.14ドルで取引を終了した。終値ベースで5月10日以来の安値となった。米エネルギー情報局(EIA)発表の先週の在庫減少が予想より小幅だったことから、ほぼ2カ月ぶりの安値に下落した。NY外為市場では、円が堅調に推移。米株の上値の重さや原油価格の下落で投資家のリスクオフムードが高まった模様。8日発表の6月米雇用統計への警戒感が広がった様だ。GLOBEX9月限225先物(円ベース)の清算値は前日比80円安の15290円。大証終値(15260円)比30円高だった。出来高は38744枚。OSE2259月限ナイトセッションも、15270円で引けている。出来高は12280枚。本日の東京株式市場では、ETFの分配金(配当)落ちに伴う売りオペレーションが発生する。市場推定では2000億円(日経型で約1000億円、TOPIX型で約1000億円)ともいわれ、今日と来週月曜日でのオペの予定だ。売りEFP、引けにかけて先物売り、引けギャランティーの現物売りで、この動きを睨んだ仕掛けには注意が必用だ。8日に決算日を迎えるETF「1308/T 上場TPX、1314/T 上場新興、1321/T 225投信、1330/T 上場225、1345/T 上場Jリート、1347/T 上場グリチ、1369/T DIAM225、1399/T 上場ボラ、1473/T DIAMトピ、1474/T DIAMJ4百、1551/T JASDAQ20、1563/T マザーズコア、1578/T 上場225M、1586/T 上場EX-F、1592/T 上場J400」。10日に決算日を迎えるETF 「1305/T ETFTPX、1306/T TOPIX投、1310/T ETF・コア30、1320/T ETF225、1358/T 上場2倍、1479/T DW人材、1585/T ダイワEX-F、1599/T ダイワJ400、1610/T ETF・電機、1612/T ETF・銀行」。

【買い材料】

・欧州株式市場-反発 米早期利上げ回避の見方が支援
・ナスダックは上昇(4876.81、+17.65)
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(15290、+30)
・恐怖指数VIXは14.76、前日比低下
・人民元の7日の中間レートは1米ドル=6.6820元、前日比で0.055%元高
・中国石油メジャー3社の目標株価引き上げ=UBS
・伊大手銀行モンテ・パスキ 不良債権問題の全面解決に向け、関係当局と連携

【売り材料】

・EU離脱のドミノ警戒
・NY原油先物-大幅反落 在庫統計の結果を嫌気(45.14、-2.29)
・米国株式市場-ダウは小幅反落 原油価格の下落が重し
・NYダウは下落(17895.88、-22.74)
・NY為替-米株・原油安でリスク回避へ傾斜(100円70-80銭)
・地政学リスク高まる
・欧州銀行の経営不安再燃
・景気動向指数、3ヵ月ぶりに悪化
・日銀、2地域の景気判断を引き下げ

【その他注目点】

・オプションSQ
・米債券市場-売り先行 米雇用指標は底堅さ示す結果に
・欧州債-下落 格付け引き下げ意識した地合い
・NY金先物-反落 米雇用統計を控え調整
・CRB指数-反落 ニッケル、ココアが上昇  ガソリン、原油が下落
・ヨーグルト世界最大手仏ダノン オーガニック食品の米ホワイトウェーブ・フーズを買収
・クリントン氏のメール問題 「訴追せず」確定
・インテルと内田洋行、「IoT」活用のデジタル教材開発で提携
・上半期の海外投資家「大幅な売り越し」
・三菱UFJ、ビットコインに参入
・台湾HTC、仮想現実機器で日本参入

・米エネルギー省(EIA)週間石油在庫  2016/7/1 時点
 原油 -222.3万バレル(前週 -405.3万バレル)
 ガソリン -12.2万バレル(前週 +136.7万バレル)
 中間留分(含む暖房油)-157.4万バレル(前週 -180.1万バレル)
 原油受け渡し地点オクラホマ州クッシング原油在庫
 -8.2万バレル(前週 -95.1万バレル)

08:50  国際収支(5月)  
08:50  貸出・預金動向(6月、日本銀行)    
09:00  毎月勤労統計(5月)  
13:30  企業倒産(6月)    
14:00  景気ウォッチャー調査(6月)    

14:45  欧・スイス失業率(6月)  
15:00  独・貿易収支(5月)  
15:00  独・経常収支(5月)  
17:30  英・商品貿易収支(5月) 
21:00  ブ・IBGEインフレIPCA(6月)  
21:30  米・雇用統計(6月)  
21:30  加・失業率(6月)  
21:30  米・非農業部門雇用者数(6月)  
21:30  米・平均時給(6月)  
28:00  米・消費者信用残高(5月)  

《決算発表》

ファーストコーポレーション、ドーン、ファステップス、ブロッコリー、AFC-HDアムスライフサイエンス、モジュレ、ジェイグループホールディングス、スーパーバリュー、リックコーポレーション、ネクステージ、ANAP、キリン堂ホールディングス、サムティ、薬王堂、フェリシモ、ファーストブラザーズ、創通、メディア工房、システムインテグレータ、シリコンスタジオ、久光製薬、明光ネットワークジャパン、トーヨーアサノ、ダイケン、マルゼン、デザインワン・ジャパン、エスクロー・エージェント・ジャパン、エヌ・ピー・シー、岡野バルブ製造、エコートレーディング、オータケ、エコス、ポプラ、マックハウス、シグマ光機、マニー、ウィズ、旭化学工業、リヒトラブ、オンワードホールディングス、ワキタ、ヤマトインターナショナル、島忠、チヨダ、東武ストア、ポケットカード、和田興産、丸八倉庫、エーアイテイー、協和コンサルタンツ、ジュンテンドー、吉野家ホールディングス、カンセキ、プレナス、ヤマザワなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー