フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

イールドスプレッドで5月2日の米国株市場を先取り!米長期金利の低下で米国株の割高感は若干和らぐ!

  • 2024/05/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

イールドスプレッドは債券利回りと株式指数の益利回りを比較して、割安・割高を分析するツールである。当然に割高な方を売って、割安な方を買うという際に一つの目安になる。一般的には、リスクゼロの米国債利回りはリスクの高い株式市場の益利回りよりも低い。また、債券利回りと益利回りのスプレッドが縮小してくると、株を売って債券を買うという取引が強まる。一方、スプレッドが拡大すればその逆の取引が強まる。現在はスプレッドが過度に縮小する展開になっているが、米国の利上げ基調が継続していることから、債券買いも手控えられる展開になっている。『割高解消には』①株価の下落調整、②債券の利回り低下、または、③その両方の調整が必要となる。

1日は米長期金利が低下した一方で、米国株主要三株価指数はまちまちの展開となった。しかし、イールドスプレッドは米国株主要三指数全てで拡大(前日比で割安)となった。インフレ指標の高止まりとなっている一方で、米国の利下げ期待が後退方向にあり米金利は上昇基調にある。そのため、引き続き米長期金利は4.6%前後半で高止まり推移している。全般的にイールドスプレッドからは、過熱感が強まっていることで、急速に株価が調整色を強める可能性があるため注意したい。米国株主要三指数は、益利回りが米長期利回りを下回る状況で割高感が強い。

NY株式市場では、民間部門の雇用統計が予想を上回りまちまちで寄り付いた。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え様子見気配が強まる中、3月JOLT求人件数や4月ISM製造業景況指数が予想を下回ったため長期金利低下に連れ相場は堅調に推移した。その後、連邦準備制度理事会(FRB)はFOMCで予想通り政策金利据え置きを決定、利下げが遅れる可能性を示唆したもののパウエル議長が「次の行動が利上げになる可能性が少ない」としたため利上げへの脅威が後退し、買戻しが加速した。終盤にかけて失速しNYダウは上げ幅を縮小、ナスダックは再びマイナス圏に落ち込みまちまちで終了した。一方、米長期金利は、パウエル米FRB議長は米FOMC後の会見で「利下げの確信を得るには想定より時間かかる見通し」としながらも、「次の行動が利上げになる可能性は低い」などと発言した。市場では「多くのマーケット参加者が恐れていたほどタカ派的ではなかった」との見方から、買い(利回りは低下)が優勢となった。イールドスプレッドでは、米長期金利の動向が重要なポイントになる。

米国株のVIX指数は15.65から15.39へ低下した。ただ、VIX指数が20を下回っていることで、リスク回避の動きが強まる動きになっていない。しかし、債券利回りに対して、株式指数の益利回りがかなり割高感が強まっていることには注意が必要。

 

NYダウの割高の目安は3.00%近辺、S&P500は3.00%割れ、ナスダックは1.5%以下が昨年からの割高の目安となっている。一方で割安の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。

 

★米国市場のイールドスプレッドは、米国債金利と米国株益利回りを比較する指標である。株式市場は国債市場よりリスクが高いことから、株式市場に割高感が生じ国債市場に割安感が生じれば、投機筋は株式を売って国債を買う。また、国債市場に割高感が生じ株式市場に割安感が生じれば、国債を売却して株式を買うことになる。そのため、株式市場の天底を探るひとつの参考指標となる。

 

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲2.916%

・直近イールドスプレッド縮小: 23/7/6‐▲0.381%、23/8/3₋▲0.260%

               23/10/9‐+0.175%、23/10/19₋+0.335%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/8/5-▲4.102%、

               20/2/28-▲4.541%、20/3/23-▲6.017%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・4月30日+0.356%⇒5月1日:予想+0.310%(前日比で拡大:割安)

 

5月1日のNYダウは小幅反発した一方で、米長期金利が低下したことでイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は前日比で割安)した。平均値▲2.916%から▲3.226%平均値より下方かい離したことで割高になった。19年1月3日の大底▲4.226%から▲4.536%下回った。19年8月5日の大底▲4.102%を▲4.412%下回った。20年2月28日の大底▲4.541%から▲4.851%下回った。20年3月23日の6.017%から▲6.327%下回った。

米国主要三指数でNYダウとNASDAQ総合指数のイールドスプレッドは、益利回りより米10年債利回りの方が高いという異常なほどの割高感が強いままである。普通に考えればリスクの大きい株式の益利回りよりも、リスクが小さい債券利回りの方が低いというのが正常な市場である。

 

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲2.561%

・直近イールドスプレッド縮小: 23/7/6‐▲0.828%、23/8/3₋▲0.642%

               23/10/9‐▲0.274、23/10/19₋▲0.143%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/8/5-▲4.002%、

                19/8/15-▲4.179%、20/2/28-▲4.499%

               20/3/23-▲6.222%

・4月30日:▲0.007%⇒5月1日:予想▲0.078%(前日比で拡大:割安)

 

S&P500は大幅続落したうえ、米国長期金利も低下したことでイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は前日比で割安)した。平均値の▲2.561%から▲2.483%と平均値より下方かい離したことで割高になった。また、19年1月3日の大底となった▲3.869%を▲3.791%下回った。また、19年8月5日の大底となった▲4.002%を▲3.924%下回った。19年8月15日の▲4.179%を▲4.101%下回った。20年2月28日の大底▲4.499%から▲4.421%下回った。20年3月23日の6.222%から▲6.144%下回った。

 

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲1.453%

・直近イールドスプレッド縮小:23/6/22‐+0.562%、23/8/3₋+0.913%

              23/10/9‐+1.395%、23/10/19₋+1.546%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/8/15-▲2.383%、

              19/8/15-▲2.498%、 20/3/16-▲4.094%

・4月30日:+1.113%⇒5月1日予想+1.046%(前日比で拡大:割安)

 

NASDAQが大幅反落した一方で、米長期金利は大幅上昇したもののイールドスプレッドは前日比で拡大(米国10年債金利に対して米国株は前日比で割安)した。平均値の▲1.453%から▲2.499%平均値より下方かい離したことで割高になった。また、19年1月3日の大底となった▲2.179%に対しては▲3.225%下回った。19年8月5日の大底となった▲2.383%に対して▲3.429%下回った。19年8月15日の大底となった▲2.498%に対して▲3.544%下回った。20年2月28日の大底2.803%から▲3.849%下回った。20年3月16日の▲4.094%から▲5.140%下回った。

 

★NASDAQ総合指数のイールドスプレッドは、米長期金利が低下したうえ、株価指数も続落したことで前日比でイールドスプレッドは拡大した。スプレッド幅は平均値を大幅に下回っており、引き続き割高感から利益確定売りが出やすい地合いが続いている。NASDAQ総合指数のイールドスプレッドでは、債券利回りを益利回りが下回った状態が継続。益利回りが債券の利回りを下回ったことから、債券割安・株式割高の状態が続いている。

 

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

 

※毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー