フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

【海外商品市況】NY金・NY白金・WTI原油は急反発

  • 2024/03/14
  • 田澤

(NY貴金属)
13日のNY金は、急反発。NY金期近4月限は前日比14.7ドル高の2180.8ドル、NY白金期近4月限は16.7ドル高の944.9ドル、NY銀期近5月限は同76.2セント高の2515.6セント。
昨日のNY金は、為替のドル安・ユーロ高方向の動きが支援材料となり急反発した。NY金の4月限は、前日の安値からの戻り基調を維持して序盤は2160ドル台前半で推移した。その後、欧州取引時間帯から為替がドル安・ユーロ高方向に進むとNY金は割安感から買われる展開となり、米国取引時間帯に2185.6ドルまで上昇した。この日の外国為替市場では、米国の利下げ観測が根強いことからドルが売られる展開となった。しかし、高値をつけてからは、為替のドル安・ユーロ高方向の動きが一巡すると、NY金は2180ドル前後の水準まで上げ幅を縮小した。
NY白金もNY金と同様に急反発した。NY白金の4月限は、序盤に920ドル台後半で推移していた。しかし、その後は為替のドル安・ユーロ高方向の動きによって買われる展開になると、清算値決定後に946.5ドルまで上値水準を切り上げた。

NY金4月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

NY白金4月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
13日のWTI原油は、急反発。WTI原油期近4月限は前日比2.16ドル高の79.72ドル、北海ブレント原油期近5月限は同2.11ドル高の84.03ドル。RBOBガソリン4月限は前日比7.51セント高の266.15セント、NYヒーティングオイル期近4月限は同6.86セント高の268.51セント。
昨日のWTI原油は、為替のドル安基調や米国の原油在庫の取り崩しを背景に急反発した。WTI原油の4月限は、欧州取引時間帯に為替のドル安基調による割安感から買われる展開となった。その後、米国取引時間帯に発表された米週間在庫統計で原油在庫の取り崩しが確認されると、WTI原油は79.90ドルまで上値水準を切り上げた。この日発表されたEIA(米エネルギー情報局)による週間在庫統計は、原油在庫が前週比150万バレル減と市場予想の130万バレル増に反して在庫の取り崩しとなった。ガソリン在庫は、同570万バレル減と市場予想190万バレル減と予想を上回る減少となった。この米週間在庫統計の結果を受けて、市場では需給の引き締め観測が広がりWTI原油は買い進まれた。上昇局面では、ロシアの供給不安も支援材料となった。この日、ウクライナのドローン攻撃によってロシアの石油大手ロスネフチの国内最大規模の製油所が炎上した。ロシアのプーチン大統領は、今回のウクライナの攻撃に対して大統領選への干渉が狙いだと主張している。

WTI原油期近4月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

(CBOTコーン)
13日のシカゴコーンは、小幅反落。期近5月限は前日比0.50セント安の441.25セント。
昨日のシカゴコーンは、新たな材料待ちの状況の中で小幅反落した。シカゴコーンの5月限は、安値拾いの買いと世界的に潤沢な供給観測による売りが交錯して、438セント台から444セント台のレンジで揉み合う展開となった。ただ、引けにかけては441セント前後の水準で落ち着き小幅反落となった。

シカゴコーン期近5月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

フジトミ証券の投資助言サービスでは、商品や株価指数、FXを中心に売買のフォローアップを行っています。
【投資助言サービスについて】https://www.fujitomi.co.jp/advice/

【ツイッター】https://twitter.com/@tazawa_fujitomi

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー