フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円は一時105円台回復だが上値重い!

  • 2016/06/22
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

DLJPY0622プレゼンテーション1

 

★欧州市場序盤では、日経平均先物高も支えに104.58円の高値を付けたが、朝方から一本調子で上昇してきただけに、一巡後はやや伸び悩んだ。また、本邦個人投資家などから利益確定のポンド売り・円買い注文が持ち込まれていると観測され、ドル/円の圧迫要因となった。時間外取引で米10年債利回りが持ち直しドルの下支えとなった。イエレン米FRB議長の議会証言を控え、一応警戒感からのドル買い戻しが優勢になった。また、欧州株が底堅く、NYダウ先物が上昇したことも円売りを強めた。値を上げたものの、前日の高値104.84円がレジスタンスとして意識されるとやや上値を切り下げた。米長期金利が再び低下したことなども重しとなった。イエレン米FRB議長は米上院銀行委員会での議会証言で「成長と雇用、インフレ改善の有無をFOMCで判断へ」「FOMCは利上げを慎 重に進めていくと再表明」「1、2の雇用報告に過剰反応しないことが重要」などの見解を示したが、相場への影響は限られた。 米5年債入札が低調だったとの見方から米長期金利が上昇に転じると、円売り・ドル買いが強まった。その後も株高・債券利回り上昇でドル買いが継続され、一時105.08円まで上昇した。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー