フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

【貴金属市場】金標準は、9613円まで上場来高値を更新

  • 2023/10/26
  • 田澤

(貴金属市場)
26日の金標準は、急反発。金標準の中心限月8月限は前日比102円高の9605円。
夜間立会の金標準の中心限月は、NY金の上昇と為替の円安方向の動きによって9560円台まで反発した。NY金の12月限は、中東情勢の緊迫化による安全資産の買いによって1998.6ドルまで上昇した。日中立会は、NY金の強調地合いと為替の円安基調によって、金標準は寄付きから上げ幅を拡大して9613円まで上場来高値を更新した。しかし、高値をつけてからは、NY金の上げ一服によって、金標準は9600円前後の水準まで上げ幅を縮小した。
日中のNY金は、1999.9ドルまで続伸している。米長期金利の高止まりや為替のドル高基調となっている状況で、地政学的リスクによる上昇基調が強まっている。2000ドル目前まで上昇していることから、目先は10月20日の高値2009.2ドルを試す動きになるか注目したい。ただし、前回は2000ドル台まで上昇してから崩れた経緯があるので、2000ドル付近からの乱高下に注意したい。金標準は上場来高値を更新している。まだ、NY金の上昇によって、上値水準を切り上げる動きが想定されるが、NY金の2000ドル台からの値崩れと、円相場の150円台からの為替介入が警戒されていることから、相場の急変に気をつけたい。

金標準の日足チャート

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー