フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

【海外商品市況】NY金は、5日営業日ぶりに反落

  • 2023/08/25
  • 田澤

(NY貴金属)
24日のNY金は反落。NY金期近12月限は前日比1.0ドル安の1947.1ドル、NY白金期近10月限は4.8ドル高の943.0ドル、NY銀期近9月限は同16.2セント安の2423.0セント。
昨日のNY金は、米国の長期金利の上昇や為替のドル高・ユーロ安基調によって反落した。NY金の12月限は、序盤に米長期金利の低下と為替のドル安・ユーロ高方向の動きによって1951.0ドルまで上昇した。しかし、1950ドル台の動きは一時的となり、米長期金利の出直りの動きによって為替がドル高・ユーロ安基調に反転すると、NY金は上値水準を切り下げた。その後、米国の新規失業保険申請件数が、底堅い労働市場の動向を示す結果になると、米長期金利の上昇と為替のドル高・ユーロ安基調が一段と強まると、NY金は1939.2ドルまで急落した。ただ、安値をつけてからは、上昇していた米長期金利が再び低下するとNY金は1951.3ドルまで買われ波乱の動きとなったが、今晩のジャクソンホール会議でのパウエル米FRB(連邦準備制度理事会)の講演を控え、その後は持ち高調整の動きによってNY金は1944ドル台まで売り直された。一方、NY白金は、需要の拡大観測を背景に続伸した。NY白金の10月限は、欧州時間帯に930.1ドルまで反落する動きとなったが、その後は、為替のドル高・ユーロ安基調の中、白金の需要拡大観測を背景に続伸して948.0ドルまで上昇した。しかし、高値をつけてからは、一段の為替のドル高・ユーロ安基調の売り圧力に押され940ドル台まで上げ幅を縮小した。

NY金12月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

NY白金10月限日足
※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
24日のWTI原油は、小幅反発。WTI原油期近10月限は前日比0.16ドル高の79.05ドル、北海ブレント原油期近10月限は同0.15ドル高の83.36ドル。RBOBガソリン9月限は同1.12セント高の278.00セント、NYヒーティングオイル期近9月限は同2.73セント高の315.64セント。
昨日のWTI原油は、売り買い交錯する中、清算値ベースで小幅反発した。昨日発表された強気な米新規失業保険申請件数によって為替がドル高・ユーロ安基調となり、WTI原油の10月限は77.59ドルまで続落した。しかし、産油国の供給引締めや前日に発表されたEIA(エネルギー情報局)の原油在庫の取り崩しによって、需給のひっ迫懸念が下支えになると、WTI原油は79.25ドルまで買い直された。その後は、79ドルを挟んだレンジとなり売り買いが交錯する展開が続いた。

WTI原油期近10月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

(CBOTコーン)
24日のシカゴコーンは反落。期先12月限は前日比2.25セント安の488.25セント。
昨日のシカゴコーンは、イリノイ州の単収予想が、昨年平均と3年平均を上回ったことが圧迫要因となって反落した。昨日実施されたイリノイ州の実地調査で、トウモロコシの収量は1エーカー当たり193.72ブッシェルの予測となり、前年の平均の190.71ブッシェルや3年間の平均の192.14ブッシェルを上回った。このイリノイ州の強い単収予想を受けて、シカゴコーンの12月限は一時483.50セントまで反落した。しかし、同日に開催されたアイオワ州の一部の実地調査で、3年間平均が平均並みもしくは下回る結果になると、シカゴコーンは489セント台まで戻りを見せた。アイオワ州の西部を中心とした地域の実地調査は、アイオワ州の北西隅にある第1地区の収量は1エーカー当たり182.58ブッシェルの予測となり、昨年の181.12ブッシェルや3年間平均の182.11ブッシェルをわずかに上回った。第4地区中西部は168.71ブッシェルとなり、昨年の180.80ブッシェルと3年間の平均184.77ブッシェルを下回った。第7地区南西部は184.84ブッシェルと、前年の平均の173.70ブッシェルを大きく上回ったが、3年間の平均の183.64ブッシェルをわずかに上回った。このアイオワ州の一部の地区で発表された3年間平均が、平均並みもしくは下回る結果となったことが、相場の下支えとなった。アイオワ全体は、日本時間25日10時に発表が予定され、市場は注目している。

シカゴコーン期近12月限日足

※チャート画像は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのWin-Station(R)によるものです。当該画像の著作権は、同社に帰属します。

ツイッター:https://twitter.com/@tazawa_fujitomi

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー