フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円はFOMCで年初来安値も急回復!

  • 2016/06/16
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

DLJPY0616

 

★欧州市場序盤では、週初から加速したリスク回避による株安・債券高の動きは緩和され、ポンド売りも一服した。そのため、ドル/円は106.20円台の水準でもみ合いとなった。その後のドル/円は伸び悩んだ。米5月卸売物価指数(PPI)は前月比0.4%上昇と予想の前月比0.3%上昇を上回ったほか、米6月NY連銀製造業景気指数はプラス6.01と予想のマイナス4.50に反してプラスとなったが、目立った反応は見られなかった。米10年債利回りが低下に転じたことを受けて、日米金利差縮小を見越した売りが出た。米5月鉱工業生産は予想より弱い結果となったが、反応は限定的だった。米FRBがFOMCで市場予想通り利上げを見送り同時に、金利や成長見通しを引き下げたためドル売りに拍車がかかった。105.42円まで下落し、2014年10月15日以来の年初来安値を更新した。ただ、『年内2回』の見通しは維持したうえ、イエレン米FRB議長が定例記者会見で『政策は予め決まっていない』、『7月利上げは不可能ではない』、『適切と判断されれば数カ月以内に行動の可能性』と述べたことでショートカバーが優勢となり、一時106円台を回復した。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー