フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円のボリンジャー分析!

  • 2016/06/09
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

DLJPYBB0609

 

ドル/円をボリンジャーバンド(パラメータ:20、±1、±2)で見てみると、バンドが縮小した後にバンド幅が広がり始めている。これは、ボリンジャーバンド%B(パラメータ:20、2、5)でも、低水準まで低下した後、上昇基調となっている。このオシレータは、バンド幅が縮小すると下落基調となり、バンド幅が広がると上昇するものである。

ドル/円は、マイナス2σに沿って低下傾向にあり、バンド幅も広がり始めていることから下落基調が継続していることになる。

そのため、値頃感からのドル買いはリスクが高いと言える。また、6月7日高値107.90円、8日高値107.38円、9日(10:21現在)高値107.12円と上値を切り下げる動きとなているので注意が必要だ。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー