フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

閑散に売りなし?

  • 2016/05/30
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 30日の米株市場は、メモリアルデーを控えて薄商いの中、上昇。S&P500種株価指数は前日比0.4%上げて2099.06し、週間ベースでは2.3%上昇となった。NYダウは前日比44.93ドル(0.3%)上げて17873.22ドルで取引を終了し、ナスダック総合指数は0.7%上昇した。1-3月(第1四半期)の米GDP改定値は速報値から上方修正されたが2016年の滑り出しが低調だったとの見方は変更されなかった。注目されていたイエレンFRB議長の講演・討論会で「今後数カ月」で追加利上げが適切になるだろうと発言したことで、米経済は再び利上げできるほど改善していると株式市場では受け止められた。イエレン議長は米経済が「非常に大きく改善」してきたとも指摘。現在も前進は続いているとし、インフレ指標は上昇が見込まれ、労働市場は改善していると見解を述べた。イエレン議長の発言で、外国為替市場ではドル買いが先行したものの、原油相場への影響は限定的だった。米国産標準油種WTIの中心限月7月物の清算値は、前日比0.15ドル(0.30%)安の49.33ドル。先週末のOSE225ナイトセッションは16760円から16860円の100円幅のレンジ取引で、取引高は5955枚の閑散相場であった。国内では、7月の参院選挙とのダブル選の可能性も想定され、6月1日の国会会期末に向けた政局的な動きが注目されつつある。本日は、米市場は「メモリアル・デー」の祝日により休場、英国市場はスプリング・バンク・ホリデーで休場。東京株式市場は、先週に引き続き、商いが乏しくなると想定される。伊勢志摩サミットが終わって海外株式市場の上昇にあやかり、保ち合い放れを期待したいところだが、レンジを抜けるには商いが少な過ぎる懸念ものこる。先週末の東証1部売買代金は1兆6581億円で今年最低を更新してしまい、7日連続の2兆円割れとなった。寄り前のGLOBEXで、日経先物が17000円に一段高となった。5月25日取引のOSEナイトセッションで付けた17000円を上回り、円安傾向を好感する動きが観測されている。

【買い材料】

・米国株式市場-3連休を控え買い戻しが優勢 ダウ平均は5週ぶり反発
・NYダウは上昇(17873.22、+44.93)
・ナスダック上昇(4933.51、+31.74)
・欧州株式市場-小幅続伸
・NY原油先物-小幅続落も、底堅い
・財政政策に対する思惑
・日銀による追加緩和政策への期待
・内閣支持、56%に上昇
・NY為替-ドル高、FRB議長が早期利上げに言及
・米1-3月期GDP・改定値 +0.8%(前回発表値 +0.5%)
・CME225先物は大阪取引所比で上昇、16910で引け
・恐怖指数VIXは13.12、前日比低下

【売り材料】

・M2伸び率が向こう数カ月減速の見通し=中国人民銀
・英国のEU離脱リスク
・売買代金は低水準、今年最低を更新
・4月建設受注額21.3%減

【その他注目点】

・休場:米(戦没者追悼記念日)、英(スプリング・バンク・ホリデー)
・消費増税延期の見方広がる
・米債券市場-反落、米早期利上げ観測で
・NY金先物-8営業日続落、ドル高や米早期利上げ観測で
・CRB指数-続伸 ココア、トウモロコシが上昇 金、銀が下落 
・欧州債-独債は小幅続伸、英債は反落
・民泊大手米エアビーアンドビー、ツタヤと提携

・イエレンFRB議長「FRBは金融危機の阻止に全力を尽くす」
 同「QE、フォワードガイダンスは経済回復に貢献」
 同「今後数カ月以内の利上げが適切になる可能性も」
 同「過度に急激な利上げには慎重を期すべき」
・G7首脳宣言
「世界経済のダウンサイドリスクが拡大」
「現在の経済状況の対応努力強化をコミット」
「各国の状況に配慮しつつ成長路線を模索」
「財政、金融、構造改革などの重要性を再確認」
「為替市場の過度な変動や無秩序な動きは経済や金融市場に悪影響」
「過剰な生産能力は世界的な過大」

08:50  製造業部門別投入・産出物価指数(4月、日本銀行)    
08:50  商業動態統計(4月)    

18:00  欧・ユーロ圏景況感指数(5月)  
20:25  ブ・週次景気動向調査    
21:00  独・消費者物価指数速報値(5月)  
21:30  加・経常収支(1-3月)  

《決算発表》

ダイドードリンコ、東和フードサービスなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー