フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

消費増税再び延期、黒田日銀総裁の前に安倍首相が動く

  • 2016/05/16
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 先週末の米株は軟調推移。S&P500種株価指数は前日比0.9%安い2046.61で取引を終了し、NYダウは185.18ドル(1.1%)安の17535.32ドルで終えた。ナスダック総合株価指数は3日続落し、同19.658ポイント(0.4%)安の4717.676で取引を終えた。小売企業の業績低迷や原油先物の下落が、リスクオンムードを台頭させた模様だ。メーシーズやコールズなど大手小売りチェーンが発表した決算の内容が市場予想より弱く、ノードストロムは13%安と大幅下落となった。ウォルマート・ストアーズも軟調推移となり、アマゾン・ドット・コムは6日ぶりに下落となった。一方で、5月の米消費者マインド指数は前月からの上昇。ほぼ1年ぶりの高水準となった。生産者物価は4月に前月比で上昇して、3カ月ぶりのプラス。企業在庫は企業売上高の伸びを上回った。NYMEXのWTI先物6月限は前日比49セント(1.05%)安い1バレル=46.21ドルで取引を終了。為替相場で、ドル高などを嫌気し利食い売りが先行し、4日ぶりに反落となった。予想を上回る小売売上高統計を受けて、米FRBが年内に1回以上利上げするとの見方が強まり、ドル買いを誘発させた模様だ。13日のGLOBEX2256月限日経先物(円ベース)の清算値は前日比245円安の16390円。13日のOSE終値(16340円)比50円高。出来高は62976枚。東京株式市場では、企業決算の発表がピークを過ぎ、国内の景気指標次第では、経済対策など催促相場になりつつあるようだ。一方では、材料不足で売買低迷が懸念される中、外部要因次第の仕掛け的な動きに懸念も残る。本日の寄りは、14日に報じられた「サミット後の消費再増税の延期を表明」をどう市場が消化するかに注目したいところ。しかしながら、現状の東京株式市場は増税よりもむしろ為替相場の動向次第で引き続き海外勢の動向に注目。今月末の伊勢志摩サミットを前に、金曜日から仙台でG7が開催される。WSJ紙は、今回のG7が米財務省が4月29日に公表した半期に一度の為替報告書で、日本や中国、ドイツなど5カ国・地域をモニタリングリストに指定して以来、初めてのG7に注目としている。日本やドイツは為替介入をここ暫く行っていないにも関わらず、米財務省がどのような表現をするのか注視されるところである。チャート的に、先週12日安値(16360円)と13日安値(13640円)水準がどうサポートラインとして機能するか見極めたい。

【買い材料】

・首相、消費増税先送り 地震・景気に配慮、サミット後に表明
・財政政策に対する思惑
・日銀による追加緩和政策への期待
・欧州株式市場-堅調、米経済指標を好感
・CME225先物は大阪取引所比で上昇、16390で引け

【売り材料】

・米国株式市場-3週続落 午後に下げ足を速める(17535.32、-185.18)
・ナスダック下落(4717.68、-19.66)
・NY原油先物-反落、利益確定の売りが優勢(46.21、-0.49)
・欧州債-反発、英建設支出が落ち込む
・恐怖指数VIXは15.04、前日比上昇
・IMF「英離脱の不透明感、すでに英国の投資に影響」
 同「英国がEUに残留すれば、下期の英経済はリバウンドする見込み」
・ラガルドIMF専務理事「英国のEU離脱、テクニカルリセッションを引き起こす公算」
・ルー米財務長官「競争的な通貨引き下げは連鎖反応を引き起こす」
・中国 4月末のマネーサプライM2は12.8%増、伸び率は市場予想下回る
・中国 4月末の融資増加額が予想を下回る、各種貸付残高は13.1%増
・企業業績、今期足踏み 経常益3%増どまり
・熊本地震、経済損失5000億円規模
・米経済の減速懸念

【その他注目点】

・NY為替-米経済指標でドル買い、株安で円買い
・米債券市場-反発、強い米経済指標に対する反応は一時的
・NY金先物-小幅高、ダウ平均の下げが支援要因
・CRB指数-反落 小麦、暖房油が上昇 ニッケル、天然ガスが下落 
・マレーシア1-3月期GDPは前年比+4.2%、予想4.1%
・韓国中銀、政策金利を1.50%に据え置き 予想通り
・独財務相「財政出動要請ない」 G7で慎重姿勢表明か
・休場:ドイツ、スイス

08:50  国内企業物価指数(4月)  
08:50  預金者別預金(半期調査3月、日本銀行)    
09:00  衆院予算委員会で16年度補正予算案の基本的質疑、採決    
11:00  中古車販売台数(4月)    
15:00  工作機械受注(4月)    
16:30  フェイルの発生状況(4月、日本銀行)    
17:00  業態別の日銀当座預金残高(4月、日本銀行)    

11:30  亜・タイGDP(1-3月)  
15:30  印・卸売物価指数(4月) 
16:00  トルコ・失業率(2月)    
20:25  ブ・週次景気動向調査    
21:30  米・ニューヨーク連銀製造業景気指数(5月)  
23:00  米・NAHB住宅市場指数(5月) 
29:00  米・対米証券投資収支(3月)    720億ドル

《決算発表》

三菱UFJ、電通、JRE、大正薬HD、ソニーFH、あおぞら、メディパル、三菱Uリース、第一興商、日製鋼、森永乳、サンゲツ、パーカライ、積ハSIレジ、住友ベ、大気社、南都銀、フジッコ、ジャストシステ、UBIC、船井電機、日トムソン、新光商、小野建、葉ガス、シダックスなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー