フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

OSE225先物 デッドクロスはだましに終わる

  • 2016/05/10
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は、前日比349円16銭(2.15%)高の1万6565円19銭で取引を終えた。東京為替市場で円が1ドル=108円台後半まで下落したことで、輸出関連株などに買いが先行した。また、中国・国家統計局が発表した4月のCPIが3カ月連続で前年同月比2.3%の上昇。市場予想とほぼ一致した。4月のPPIは同3.4%低下。低下率は市場予想の3.7%より小幅だった内容だったことも、リスクオンムードを台頭させ、買いを誘発させた模様だ。4月の食料CPIは前年同月比7.4%上昇し、非食料CPIは1.1%上昇。PPIは前月比では0.7%上昇となり、2013年後半以来の2カ月連続プラスとなった。3月は0.5%上昇。JPX日経インデックス400は大幅に続伸し、終値は前日比257.31ポイント(2.18%)高の1万2069.89で取引を終了。TOPIXも大幅続伸し、28.24ポイント(2.16%)高の1334.90で終了。東証1部の売買代金は概算で2兆4297億円。売買高は23億7282万株。東証1部の値上がり銘柄数は1663と、全体の約85%を占める結果となった。値下がりは240、変わらずは48銘柄だった。OSE225先物は下ヒゲの目立つ大陽線引けで取引を終えた。4月28日から5月2日に空けたギャップを埋め、雲の下限や25日線、基準線をブレイクした。昨日は5日線が25日線を下回りデットクロスが懸念されたが、あえて強いシグナルをみせ上昇したことは評価出来る。明日以降、雲の上限(16627円)と4月25日高値(17630円)からの半値戻しにあたる16785円を意識する展開が想定される。転換線(16785円)も近いレベルにあるため、ここをクリア出来れば更なる上昇基調もテクニカル的には期待がもてるかもしれない!?

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー