フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場3日続落 日米金融政策待ちの中

  • 2016/04/27
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は3日続落し、前日比62円79銭(0.36%)安の1万7290円49銭で取引を終了した。米FOMCと日銀金融政策決定会合を控え、様子見ムードの中、持ち高調整売りが先行した。前日の原油先物市場で約5カ月半ぶりの高値を付けた他、ドル円が1ドル=111円台前半で保たれたことなどから朝方は買いが優勢となった。しかながら、16年1~3月期決算を発表した米アップルの株価が時間外取引で大幅下落し、アルプスなど関連銘柄に売りが先行した。JPX日経インデックス400も3日続落し、前日比78.19ポイント安の1万2536.85。TOPIXも3日続落して、終値は前日比7.39ポイント(0.5%)安の1384.30。東証1部の売買代金は2兆2630億円、売買高は20億4047万株だった。値下がり銘柄は978、値上がりは840、変わらずは132。日経先物は買い先行も、米FOMCや日銀金融政策決定会合を控え、様子見ムードの中もみ合いとなり、前日比30円安の17270円で取引を終えた。日中の取引高は42300枚。明日は米FOMCと日銀金融政策決定会合次第の地合いとなりそうだ。

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー