フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

メキシコペソ/円の週足では下落調整場面!

  • 2021/08/05
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★メキシコペソ/円の中期トレンドを示す週足では、20年4月10日週の安値4.22円を起点として20年9月25日週の安値4.64円を結んだトレンドライン(S1)を維持していることから上昇基調は継続している。

ただ、13週SMA(赤線)5.5096円を下抜けしてきたことから、調整的な下落基調になっている。また、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)でも、高値圏から上値を切り下げ%DとSlow%Dの両線が下向きになっていることで、下押しバイアスが強まっている。価格が上昇する中ストキャスティクスが上値を切り下げる弱気のダイバージェンスとなっており、先行き下落基調となる兆しも出ている。

現状の分析では、上昇トレンドが継続される中で、下落調整的な値動きになっている。そのため、S1や26週SMA(青線)の5.4138円まで下落調整される可能性がある。しかし、何度も反転したことから、今回もサポートとして意識されることから注視する必要がある。反転するようなら良い買い場になる。

一方で、押しが強くなるようならば、52週SMA(緑線)の5.2344円までの調整も視界に入るが、ここまで下落することはトレンド転換した可能性が高まる。

 

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー