フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 2021年12月18日開催 杉村太蔵氏セミナー
  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 114円台前半でもみ合い相場!

  • 2021/10/21
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、ポンド/円の反落に先導されて円買い戻しが優勢になった。また、ドル/円も前日比小幅安となった。なお、欧州主要株価指数は小幅安で推移した。その後、欧州勢参入後から強まった円買い戻しの動きは一巡し、114.40円近辺で推移した。また、欧州株は高安まちまち、NYダウ先物は前日比横ばい圏でもみ合い相場となった。米長期金利が1.63%近辺に低下となったが、ドル押し目買いが根強く底堅く推移した。日中安値からドル買戻しが続いたが、目先は上値を抑えられた。

 

NY勢参入し始め米長期金利が低下したことなどを背景に全般ドル安が進行した。米FRBのベージュブックの公表を控え米長期金利が上下に振れ、1.67%付近から1.62%まで低下したが、上昇に転じると下げ渋った。米国株相場が底堅く推移したことも相場の下支えとなった。NYダウが史上最高値を更新するなか、全般リスク選好のドル売りが進んだ。米長期金利の上昇が一服したことも重石になった。低調な米20年債入札を受けて10年債利回りが1.62%から1.65%まで上昇したことでドル売りが後退した。ベージュブックで、ほとんどの地区が著しい価格の上昇を報告、さらに、物価の上昇見通しは依然高いと方向された。この結果を受けて、金利の先行感が広がりドルはじり高となった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・9月消費者物価指数改定値:前年比+3.4%(予想:+3.4%、速報値:+3.4%)
・ユーロ圏・9月消費者物価コア指数改定値:前年比+1.9%(予想:+1.9%、速報値:+1.9%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は114.05-52円のレンジ

・ビットコインは堅調推移で史上最高値を更新

・17年11月6日の高値114.73円がレジスタンス

・低調な米20年債入札を受け米長期金利上昇でドル買い

・ベージュブック公表で金利の先行感広がる

・VIX指数は15.70から15.49へ低下

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 2021年12月18日開催 杉村太蔵氏セミナー
  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス