株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米国株大幅下落でリスク回避の円買い!

  • 2018/10/11
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、前日NY市場の流れを引き継いで、ポンドが堅調地合いを維持する一方、ドルも小幅な値動きながら底堅く推移した。米長期金利が持ち直したことを受け、ドル/円を中心にドルが堅調に取引された。その後は、米長期金利が3.22%台で緩やかに上昇し、ドル買いを誘発した。ただ、欧州株安やNYダウ先物の軟調地合いで円売りの勢いは緩慢となった。

 

米9月PPI(生産者物価指数)が発表になり、コア指数共に市場予想通りの結果ということもあり、113.20円台でもみ合いとなった。トランプ大統領が、9月に課した制裁関税に中国が報復すれば、同国からの残りすべての輸入品に追加関税を適用するとの姿勢を改めて示すなど、貿易戦争の行方が不透明感を誘った。その後もNYダウが下落幅を拡大したことで、リスク回避の円買いが継続した。米株は大幅安の水準を継続したものの、112.60円を下値にリスク回避の円買いを緩めた。NYダウが570ドル近い下落を受け、一旦落ち着きかけたリスク回避の円買いが再燃した。引けにかけてNYダウが800ドル超下落したことで、米長期金利は3.24%から3.17%まで低下した。

 

★欧米主要経済指標

・英・8月鉱工業生産:前月比+0.2%(予想:+0.1%、7月:+0.4%←+0.1%)
・英・8月製造業生産:前月比-0.2%(予想:+0.1%、7月:0.0%←-0.2%)
・英・8月貿易収支:-111.95億ポンド(予想:-108.50億ポンド、7月:-103.87億ポンド←-99.73億ポンド)

・米・9月生産者物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、8月:-0.1%)
・米・9月生産者物価コア指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、8月:-0.1%)
・米・9月生産者物価指数:前年比+2.6%(予想:+2.7%、8月:+2.8%)
・米・9月生産者物価コア指数:前年比+2.5%(予想:+2.5%、8月:+2.3%)
・米・8月卸売在庫改定値:前月比+1.0%(予想:+0.8%、速報値:+0.8%、7月+0.6%)
・米・8月卸売売上高:前月比+0.8%(予想+0.5%、7月+0.2%←0%)

 

★欧米市場のポイント

・112.08-113.28円のレンジ相場

・米中貿易戦争の行方懸念

・NYダウが800ドル超の下落でリスク回避

・米国株下落で米長期金利は低下

・米10年債の入札は不調

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス