フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

上海総合株価指数は21日SMAを維持出来るか?

  • 2020/07/20
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★上海総合株価指数のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1σ、±2σ、±3σ)日足では、±3σのバンド幅が拡大するエクスパンションによって急上昇した。しかし、±3σのバンド幅が縮小してきており、上昇基調からの反落の様相となっている。21日SMA(黒線)で一旦下げ止まり『十字線』となる迷い足となっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)も、買われ過ぎ域から%DがSlow%Dを下抜け、両線とも下向きとなっていることから、下押しバイアスが強まってきている。

まとめると、上海総合株価指数の上昇も一服して下押しバイアスが強まっている。ただ、21日SMAが意識されており、下げ止まるのかが注目される。下抜けするようなら、雲の上限である2,887ポイントが下値目処となりやすい。ただ、雲の厚みが薄いことから、雲を下抜けしやすいので注意が必要となる。

上海総合株価指数が下落基調が継続すると、アジア株全体も連れ安しやすいので注意。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー