フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円月足の三角持ち合い下放れの様相強まる!

  • 2020/03/09
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ドル/円の月足で、2015年6月高値125.85円を起点として2018年10月高値114.55円を結んだトレンドライン(R1)と2016年6月安値98.98円を起点として2019年1月安値104.70円を結んだトレンドライン(S1)で形成されている三角持ち合いを下抜けしてきた。

約4年掛けて築いた三角持ち合いだけに大きく下振れする可能性があるので注意が必要となる。

ただし、3月末までに再び三角持ち合いの下限内に戻るようようなら、ダマシだったことになる。

17ヵ月SMA(赤線)34ヵ月SMA(青線)の下に位置しており、両線とも下向きになってきていることから、円高バイアスが強まっている。

長期期間掛けて三角持ち合いを形成したことで、下放れすると大きな動きになりやすい。現状は円高進行の初動にあるため、安易な円売りはリスクが高くなるので注意が必要となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー