フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円60分足とフィボナッチ係数!

  • 2016/03/10
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

DLFB60M0310

 

★ドル/円の60分足に、フィボナッチ係数の13時間線(赤)34時間線(青)89時間線(緑)、144時間線(紫)を引いたチャートである。13時間線だけは指数平滑線で、その他は単純移動平均線に設定している。3月7日以降の下落トレンドでは、13時間線が上値抵抗ラインとなり、下落基調を維持してきた。しかし、3月9日の23:00に一気に13時間線を上抜けると、34時間線も上抜けして上昇トレンドを維持した。3月10日の2:00に13時間線と34時間線がゴールデンクロスすると、加速的にドル買い・円売りが入り円安トレンドとなった。その後、144時間線では上値抵抗ラインとなったものの、89時間線や13時間線が下値支持ラインとなり、144時間線を上抜けた。

円安の次の節目とすれば、3月5日の5:00に付けた高値114.25円となる。一方で、下値では、144時間線の113.43円、13時間線の113.30円、89時間線113.19円となる。ただ、60分足なので、移動平均線の価格は変化していく。

13時間線が34時間線の上にあり、共に上向きを維持していることから、売り戦略よりも現在は買い戦略が良いということになる。ストップロスは、144時間線や13時間線を下回った時となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー