フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

トルコリラ/円のEMAとMACD動向!

  • 2020/01/09
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★トルコリラ/円の日足では、MACD(パラメータ:12、26、9)がゼロラインの下方からシグナルを上抜けるゴールデンクロスしている。

MACDは12日指数平滑線(EMA:赤線)26日EMA(青線)の差をMACDとして、シグナルはその差の9日間のEMAとなっている。

基本的には、ゼロラインの下方でMACDとシグナルがゴールデンクソルすると買いシグナルとなる。

実際の12EMAと26EMAを見ると、12日EMAが上向きとなり戻り基調となっているものの、26日EMAがレジスタンスとなり上値を抑えている。そのため、明確に上抜き出来ればMACDのゴールデンクロスが正しかったことになる。しかし、26日EMAに上値を抑えられ再び下押しするとMACDのゴールデンクロスはダマシだっということになる。

そのため、オシレータとしてMACDを使用する場合は、12日EMAと26日EMAと共に分析した方がダマシに合いにくい。26日EMAを明確に上抜けしてくると、MACDも買いシグナルが出ているので上昇基調が継続しやすい。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー