フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 NY市場ではドル買い一服!

  • 2019/12/14
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、今年の主要2大リスクとして意識されていた米中貿易摩擦と合意なきブレグジットに対する警戒感が一段と後退したことを受け、リスク選好の改善による円安の流れが持続した。なお、欧州株は大幅続伸して取引を開始した。欧州市場のドル/円は109.60円付近とアジア市場の終盤からほぼ変わらなかった。欧州株が大幅に上昇したほか、日米株価指数先物も堅調地合いを維持するなか、一時109.70円と本日高値を更新した。米CNBCが『中国は米農産物購入目標について懸念を抱いている』と伝えて『部分合意』したとされた米中協議への不透明感が嫌気されドル売りが強まった。

 

トランプ米大統領が『WSJの関税に関する記事は間違っている』と発言したことを受けて、ドルは失速した。WSJは『米交渉担当者は15日に予定している対中関税第4弾の取りやめと既存の追加関税の引き下げを提案した』と報じた。その後、中国政府が『第1段階の貿易交渉は大きな進展を遂げた』『米中は文書を巡って合意が成立した』との声明を発表するとドルの買い戻しが優勢となった。しかし、15日発動予定の米中追加関税の見送りだけで終わり、米中協議が大きく進展したとは言えず、ドルが再び売られる展開となった。その後は、複数の重要イベントを通過し、本日の安値圏となる109.30近辺でもみ合う展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・米・11月小売売上高:前月比+0.2%(予想:+0.5%、10月:+0.4%←+0.3%)
・米・11月小売売上高(自動車除く):前月比+0.1%(予想:+0.4%、10月:+0.3%←+0.2%)
・米・11月輸入物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、10月:-0.5%)
・米・11月輸入物価指数:前年比-1.3%(予想:-1.2%、10月:-3.0%)
・米・10月企業在庫:前月比+0.2%(予想:+0.2%、9月:-0.1%←0.0%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円は109.20-70円のレンジ相場

・英総裁選挙は与党・保守党の圧勝

・中国が記者会見を開き米国との貿易協議の第1弾合意

・米下院司法委員会がトランプ大統領の弾劾訴追案の採決

・米10年債利回りは一時1.8139%前後まで大幅低下

・VIX指数は13.94から12.63へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー