フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 ロンドンフィキシングに向けドル売り優勢!

  • 2019/12/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米感謝祭休暇で薄商いの中、為替は前日終値付近でもみ合いとなり、109.50円前後で小幅な値動きになった。なお、欧州株は全面安で取引を開始した。欧州市場では、109.50円台での推移が続いたものの、上値の重さが意識された。NYダウ先物が下げ幅を縮小したことで、投資家のリスク志向改善を意識した買いが入った。市場では『米系短期勢からの買いが観測された』との指摘があった。米長期金利や日経先物の上昇などを手掛かりに円売り・ドル買いが先行し、一時109.67円と5月30日以来約半年ぶりの高値を付けた。

 

市場では『月末のロンドンのフィキシングに向けたドル売りのフローが出たのではないか』との指摘があった。また、米国株が弱含んだことでドルの重石となった。感謝祭明けで短縮取引の米国株が下げ幅を広げて週引けしたことが重石となり、弱含む展開となった。ただ、参加者が少ない中で、フォローも少なく売り一巡後は109.40円台で小幅に上下した。

 

★欧米主要経済指標

・独・11月失業率:5.0%(予想:5.0%、10月:5.0%)
・独・11月失業者数:-1.6万人(予想:+0.6万人、10月:+0.5万人←+0.6万人)
・ユーロ圏・11月消費者物価指数速報値:前年比+1.0%(予想:+0.9%、10月:+0.7%)
・ユーロ圏・11月消費者物価コア指数速報値:前年比+1.3%(予想:+1.2%、10月:+1.1%)
・ユーロ圏・10月失業率:7.5%(予想:7.5%、9月:7.5%)
・英・10月住宅ローン件数(中銀):6.46万件(予想:6.54万件、9月:6.58万件)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円は109.35-67円のレンジ相場

・米中貿易協議の先行き不透明感で株価は弱含み

・米国株相場が下落して始まると全般ドル買いが後退

・ロンドンフィキシングにかけてドル売り優勢

・大型の社債発行観測を背景に米国債売りで金利上昇

・VIX指数は11.75から12.62へ上昇

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー