フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

トルコリラ/円は今年一番のスクイーズ!

  • 2019/11/26
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★トルコリラ/円のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1σ、±2σ、±3σ)日足では、今年一番のバンド幅が縮小するスクイーズしている。スクイーズ後は、上下どちらかに放れる展開となる。相場は基本的にはもみ合い後に放れて再びもみ合いの連続となっている。

一目均衡表の雲の上に位置しているので、上昇基調は継続している。ただ、先行き雲の厚みがなくなることから、抵抗体としての機能も低下する。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、上値を切り下げ%DがSlow%Dを下抜けしてきていることで、下押しバイアスが強まってきている。

まとめると、もみ合い相場の中で上下に放れるパワーが溜まってきている。その中、上下どちらに放れる可能性が高いかを探ると、先行き雲の厚みが急速に薄くなり、ストキャスティクスも下押しバイアスが強くなってきている。そのため、徐々に下抜けしやすい様相となってきているように見える。

これだけバンド幅が縮小していることから、バンド幅が拡大するエクスパンション時には大きく振れる可能性が高い。上下どちらかに放れたらついて行く順張りがリスクの少ない戦略となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー