フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

今週メジャーSQを控えた東京株式市場は・・・

  • 2016/03/07
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

先週末のCME225先物(円建)は、米雇用統計を受けたNYダウ上昇を好感し、一時17175円の高値まで上昇した。しかしながら、清算値はOSE先物の日中終値比で30円高の17030円となった。OSEのナイトセッションも16890円を安値に17160円まで上昇した。米労働省が朝方発表した2月の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月から24万2000人増。市場予想(19万人増)を大幅に上回り、過去2カ月分の雇用者数の伸びも上方修正された。4日のNY原油先物市場ではWTI先物が大幅上昇。週間ベースでもプラスとなり、昨年5月以来最長の3週連続高。米雇用者数の伸びが予想を上回ったほか、国内の原油生産減少が好感された。WTI先物4月限は前日比1.35ドル(3.91%)高い1バレル=35.92ドルで終了を終了した。上海株の6%安にも反応せず、原油先物は一時36ドル台に上昇したことは高く評価したいところだ。今週は10日のECB理事会、11日の3月限メジャーSQ算出に絡んだ動きが注目されるが、本日は17000円をサポートラインにできるかどうかに注目したいところ。目先、50日移動平均17074円をどうクリア出来るか!?

寄り前の5社ベースの外資系証券会社売買動向は、売り710万株/買い2030万株との観測。セクター別の動向観測は、売り 薬品・金属・食品・自動車・REIT・空運などから、買い 通信・サービス・銀行・化学・機械・運輸・海運・情報通信などから観測…金額は売り:101億円、買い:213億円。

【買い材料】

・消費増税の延期、一部官庁で効果の検討を開始の模様(ロイター報道)
・米2月非農業部門雇用者数 +24.2万人、予想+19.0万人(前回:+15.1万人)予想上回る
・米利上げ観測高まらず
・マイナス金利政策、企業の調達金利低下
・米国株式市場-小幅続伸 ダウ平均は17000ドルを回復(17006.77、+62.87)
・ナスダック上昇、(4717.21、+9.60)
・欧州株式市場-反発、商品価格の上昇で
・欧州債-反落、米雇用統計受けた米長期債の下落に連動
・CME225先物は大阪取引所比で上昇、17030で引け(17030、+30)
・NY原油先物-大幅反発、米景気の先行き懸念が後退(35.92、+1.35)
・日銀追加緩和期待は根強い
・易中国人民銀行副総裁「人民元相場の見通し安定につれ、外貨準備の減少は収束へ」

【売り材料】

・恐怖指数VIXは16.86、前日比上昇
・世界経済の減速懸念
・英国のEU離脱懸念
・米韓軍事演習、北朝鮮「先制攻撃も」
・中国原因とする倒産が急増
・香港の16年GDP成長率を1.7%に引き下げ=シティ

【その他】

・CRB指数-続伸 原油、ニッケルが上昇 アルミニウム、砂糖が下落
・NY金先物-続伸、米雇用統計は3月利上げ観測にはつながらず
・中国閣僚「中国経済はハードランディングしない」
・NY為替-ドル安・円安、ドル円114円前半で伸び悩む(113円90銭-114円00銭)
・日本銀行の対政府取引(2月)
・マネタリーベースと日本銀行の取引(2月)
・黒田日銀総裁が講演
・コール市場残高(2月、日本銀行)
・中外貨準備高(2月)
・ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
・欧首脳会議(ブリュッセル) 

・12:40 黒田日銀総裁講演
・14:00 1月景気動向指数・先行(予想:101.6、12月:102.1)

・16:00 独・1月製造業受注(前月比予想:-0.3%、12月:-0.7%)
・24:00 米・2月労働市場情勢指数(予想:1.0、1月:0.4)
・03:00 フィッシャー米FRB副議長講演(マクロ経済)
・03:00 ブレイナード米FRB理事講演(経済見通し)
・05:00 米・1月消費者信用残高(予想:165億ドル、12月:212.67億ドル)

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー