フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

今回も日米金利差もみ合いから縮小で円高へ!

  • 2019/08/05
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★日米金利差だけがドル/円の変動要因ではないが、日米金利差の縮小・拡大が為替に影響を与えるのも事実である。

8月2日終了時点で日米2年債金利差(赤線)は1.914%日米10年債金利差(青線)2.016%となっており、縮小傾向が強まっている。

日米金利差の特徴は、一旦もみ合い相場のように縮小・拡大が繰り広げられた後、一気に縮小する傾向がある。

今回も縮小・拡大が続いた後、日米金利差が縮小したことで、急速に円高基調が高まった。

円高が止まるには、日米金利差の縮小が止まり拡大基調になることが必要となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー