フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場は3日ぶりの反発

  • 2016/02/25
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

東京株式市場は3日ぶり反発。原油高や円高一服感を背景にリスク回避姿勢の後退。国内補正予算への期待などから、建設や陸運、電気・ガスなど内需中心に幅広く買われた模様だ。マイナス金利による期待もあり、その他金融や不動産が堅調に推移。OSE225先物も16000円を回復。市場観測では、国内年金は日経16000円、TOPIX1300を意識して現物株市場で買いを入れていた模様だった。チャート上レンジ的には一目均衡の転換線(15915円)と基準線(16350円)の間で推移している。プラス、2月の下げ幅(3100円)の半値戻し(16350円)をどのような形でトライするか、注目!JPX日経インデックス400は3日ぶりに反発した。終値は前日比216.50ポイント(1.86%)高の1万1841.88だった。TOPIXも3日ぶりに反発し、23.01ポイント(1.79%)高の1307.54。東証1部の売買代金は概算で2兆3885億円、売買高は23億9860万株。東証1部の値上がり銘柄数は全体の9割弱にあたる1680、値下がりは209、変わらずは48だった。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー