フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 NYタイムから結構荒れる展開に!

  • 2019/05/31
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、欧州株が堅調に取引を開始する中、リスク許容度がいくぶん改善したことを受け底堅く推移した。欧州市場では、ドル下値トライが一旦失敗となったことを受けたほか、月末要因のドル買い需要にも支えられると反発に転じたが、戻り売りに押される展開となった。欧州株は全面高で、NYダウ先物も上昇したが、2.25%台に低下したことで伸び悩んだ。米国の1-3月期GDP改定値など経済指標の発表待ちのムードで全体的に小動きとなった。

 

ボルトン米大統領補佐官が『ファーウェイへの対応を最終決定したわけではない』などと発言すると、米中貿易摩擦激化への懸念が和らぎ円売り・ドル買いが優勢となった。ただ、ペンス米副大統領が『米国は必要なら中国製品への関税を2倍以上に引き上げることができる』と発言したことや、NYダウが一時マイナス圏に下落し、S&P500やナスダック総合も上げ幅を縮小したことで上値が重くなった。米長期金利が2.27%まで上昇後は、再び低下し2.24%まで低下するとドル売りが優勢となった。米主要3指数とも一時マイナスになったことで、ドル売りが継続した。

 

★欧米主要経済指標

・米・1-3月期GDP改定値:前期比年率+3.1%(予想:+3.0%、速報値:+3.2%)
・米・1-3月期個人消費改定値:前期比年率+1.3%(予想:+1.2%、速報値:+1.2%)
・米・1-3月期コアPCE改定値:前期比+1.0%(予想+1.3%、10-12月期+1.3%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:21.5万件(予想:21.4万件、前回:21.2万件←21.1万件)
・米・失業保険継続受給者数:165.7万人(予想:166.2万人、前回:168.3万人←167.6万人)
・米・4月卸売在庫速報値:前月比+0.7%(予想:+0.1%、3月:0%←-0.1%)
・米・4月中古住宅販売成約指数:前月比-1.5%(予想:+0.5%、3月:+3.9%←+3.8%)

 

★欧米市場のポイント

・109.43-92円のレンジ相場

・米中の貿易摩擦激化への懸念が和らぎドル買い

・ロンドンフィキシングを通過するとドル売り

・ペンス副大統領が中国製品への関税を2倍に引き上げることが出来る発言

・欧州経済の先行き不透明感と米中貿易摩擦激化懸念から米国債買い優勢

・VIX指数は17.90から17.30へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー