フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

豪ドル/円と75日線!

  • 2016/02/08
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

AUDJPD0208

 

豪ドル/円の日足では、75日移動平均線が上値抵抗ラインとなることが多いが、その際のパターンがあるようだ。上ヒゲ大陽線⇒コメのような小陽線⇒大陰線で下落というパターンが続いている。

 

15年10月には2回同様のパターンとなっていた。そして16年1月29日の75日移動平均線からの下落も同様のパターンだ。豪ドル/円で再び豪ドル高・円安になって75日移動平均線まで戻りがあった場合、再びこのパターンとなるかが注目点となる。ただ、過去において75日移動平均線を上抜けした際は、200日線まで上昇する可能性があるので、上抜けした場合は注意が必要。

 

このパターンが現れる際のオシレータの動きは、MACD(パラメータ:12、26、9)がゼロラインの近辺に推移していることが多いことが特徴。またストキャスティクススロー(パラメータ:14、3、3、20、80)では、買われ過ぎの80%超えていることや、%Kや%Dが下落基調となっているときに現れやすい。

戦略とすれば3日目の大陰線狙いということになる。また、75日移動平均線を超えてきた場合は、200日線まで保有ということも考えられる。その際は、ストキャスティクススローの位置に注意。

 

 

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー