フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

米雇用統計を受けて東京株式市場は・・・

  • 2016/02/08
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

先週末の1月の米雇用統計は失業率が4.9%と低下した米利上げ観測が意識された一方で、非農業部門の雇用者数の伸びが15.1万人増と市場予想を下回り雇用拡大のペースが鈍化と市場では認識された模様だ。ダウ工業株30種平均が211ドル安と3日ぶり反落し、投資家がリスクオフを強めたのがナスダック総合株価指数だった。同146.415ポイント(3.2%)安の4363.144ポイントで終え、2014年10月20日以来ほぼ1年3カ月ぶりの安値を付けた。225先物は、先週末のCME(円建)で16475円まで売られており、本日は、寄り水準から先週末の安値16600円を下回る展開が想定される。チャート上でも、4日のゴールデンクロス形成が一日だけのまやかしとなり、次の日にはデットクロスとなった。2月1日の戻り高値17900円から2月2から3日に17660~17450円、2月4から5日に16930~16880円の二つのギャップをつけて下落しており、三空を意識される展開に・・・・

寄り前の5社ベースの外国人投資家売買動向は、売り2270万株/買い1260万株との観測。セクター別では、売り 電機・その他製品・通信・小売・情報通信・輸送用機器・小売・自動車・不動産・食品・建設などから観測され、買い 自動車・サービス・機械・電機・化学・REIT・精密などから観測。
【買い材料】

・日銀緩和に業績改善の思惑
・米追加利上げ観測再燃
・「春節」による爆買い期待
・JAL、ANA、運賃の燃油分上乗せゼロ、6年ぶり
・官民協議会、IoT活用へ16事業に出資、事業後押し
・人民元の5日の中間レートは1米ドル=6.5314元、前日比で0.161%元高
【売り材料】

・米国株式市場-主要3指数が反落 テクノロジー、一般消費財セクターが相場の重しに
・NYダウ下落(16204.97、-211.61)
・ナスダック下落、(4363.14、-146.42)
・円相場、1ドル116円80-90銭
・欧州株式市場-米雇用統計後に下げ
・NY原油(30.89、-0.83)
・シカゴ日経225先物3月限、(16560、-160)
・北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイルの発射
・恐怖指数VIXは23.38、前日比上昇
・資源国通貨が弱い、豪ドル/ドルは0.70ドル後半
【その他注目点】

・米雇用統計、NFP落ち込むも平均時給や失業率強い強弱混在
・英中銀、利上げ支持票ゼロに
・CRB指数-続落 天然ガス、砂糖が上昇  ガソリン、原油が下落
・NY金先物-ほぼ変わらず
・GPIFの直接運用、3案併記の提案取りまとめ
・国際収支(12月)
・日銀金融政策決定会合における主な意見(1月28・29日分)
・貸出預金動向(1月、日本銀行)
・毎月勤労統計(12月)
・特定サービス産業動態統計(12月)
・企業倒産(1月)
・景気ウォッチャー調査(街角景気1月調査)
・中国で過剰生産の鉄鋼、OECDが監視機関設置検討へ
・独鉱工業生産指数(12月)
・印GDP(10-12月)
・米労働市場情勢指数(1月)
・コロンビア大統領、ジカ熱60万人感染も
・海運業界、中国2社合併で再編加速

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー