フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場 3営業日続落

  • 2016/02/04
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

東京株式市場は、円高に振れたことなどを嫌気し、日経平均株価は3営業日続けて下落。終値は、前日より146円26銭(0・85%) 安い1万7044円99銭と、日銀がマイナス金利政策の導入を決める前日(1月2 8日)の水準まで下がる展開となった。TOPIXの終値は17・46ポイント(1・24%)低い1388・81。出来高は31億2千万株。 前日に1ドル=117円近辺まで急激に円高が進んだことを受け、朝方から売り注文が先行。決算内容が振るわなかった電機主力株の下げが目立った。日経平均株価のEPS(1株利益)が、昨年11月30日の1275円をピークに昨日には1169円まで低下。一方、業績の先行き不安から一方で、前日の米国市 場でダウ工業株平均が上昇し、米国産WTI原油先物価格が時間外取引 でも堅調だったことから、日経平均の下げ幅は限定的だった。 銀行を中心とした過重型バリューセクターへの買いも相場を支える場面も観測された。

東証1部の出来高は31億2841万株で、売買代金は2兆8587億円。騰落銘柄数は値上がり322銘柄、値下がり1541銘柄、変わらず72銘柄。
場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー