フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

9月限株価指数先物・オプションのSQ算出日

  • 2017/09/08
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 米国株式市場はマチマチな展開。S&P500種株価指数は前日比0.01%下落の2465.10で終え、NYダウは22.86ドル(0.1%)下落し21784.78で取引を終了した。ナスダック総合指数は0.07%高となった。大型ハリケーン「イルマ」を警戒する中、米長期金利の低下で利ざやが縮小するとの懸念から金融セクターが軟調に推移し、相場の重しとなった。ハリケーン「ハービー」の影響から、新規失業保険申請件数が市場予想を上回る大幅増となった。米上院は、ハービーの復興支援と債務上限の3カ月間の引き上げなどを盛り込んだ法案を賛成多数で可決したが、既に市場では織り込まれており、株式相場の反応は限定的であった。
 ECBは前日の理事会で主要政策金利を据え置くとともに、資産買い入れを少なくとも12月まで継続する。資産買い入れのテーパリングについての決定を今秋に下すとし「決定の多くは大方10月になされる」と付け加えた。
 NYMEXのWTI先物10月限は前日比7セント(0.14%)安い1バレル=49.09ドルで取引を終了。大型ハリケーン「ハービー」の直撃に伴うテキサス州の石油精製施設の操業停止による原油在庫の積み上がりが鮮明になったことが相場の重しとなった。
本日は9月限株価指数先物・オプションのSQ算出日。ロールは順調に進み、無難通過となりそうだ。日経平均株価は、円高基調から弱含みの展開が想定される。明日に北朝鮮の建国記念日を控え、地政学リスクへの警戒感も続いている。前日に東証が公表した最新の投資主体別売買動向で、現物株と先物の合計では873億円の買い越しとなったことは、一安心か。

【買い材料】

・米上院、債務上限引き上げ法案を可決
・ナスダック上昇(6397.87、+4.55)
・欧州株式市場-上昇、ECBのGDP予測引き上げで株価堅調
・ロンドン株式市場=反発、金融株は落ち込む
・恐怖指数VIXは11.55、前日比低下
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(19270、+20)
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い

【売り材料】

・NYダウ下落(21784.78、-22.86)
・NY原油先物-小反落、在庫増もドル安で方向感出ず(49.09、-0.07)
・米ハリケーン「イルマ、ハービー」による被害
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・北朝鮮ハッカーがATM攻撃
・トランプ政権、政策運営に不透明感

【その他注目点】

・9月限株価指数先物・オプションのSQ算出日

・世界の中央銀行、デジタル通貨の発行を相次ぎ検討
・新型iPhone、夏季生産遅れで年末商戦に影響も

・米国株式市場、マチマチ 銀行、保険が安い
・ECB理事会受けユーロが1.20ドル突破、ドル/円下落=NY為替市場
・米債券市場-反発、利回りは昨年11月以来の低水準に
・欧州債-独債利回り、6月下旬以来の0.3%割れ
・NY金先物-反発、リスクオフとドル安により上昇

・米新規失業保険申請件数 29.8万件〔予想 24.1万件〕(前回発表値 23.6万件)
・米4-6月期非農業部門労働生産性・確報値(前期比年率)+1.5%〔予想 +1.3%〕(前回発表値 +0.9%)
・米4-6月期単位労働コスト・確報値(前期比年率)+0.2%〔予想 +0.3%〕(前回発表値 +0.6%)

・米エネルギー省(EIA)週間石油在庫  2017/9/1 時点
原油 +458.0万バレル(前週 -539.2万バレル)
ガソリン -319.9万バレル(前週 +3.5万バレル)
中間留分(含む暖房油)-139.6万バレル(前週 +74.8万バレル)
原油受け渡し地点オクラホマ州クッシング原油在庫 +79.7万バレル(前週 +68.9万バレル)

・トランプ米大統領:北朝鮮への軍事行動はなお選択肢の一つ
・トランプ米大統領:北朝鮮に対する軍事行動は回避したいと表明
・米国、北朝鮮を抑止できるか懸念=政権当局者
・米FRBバランスシート縮小、着手後逐次再評価せず=クリーブランド連銀総裁
・クォールズ氏の米FRB理事指名案、上院銀行委が可決
・ハリケーン「イルマ」、米フロリダ州上陸時は「カテゴリー4」に弱体=NHC
・北朝鮮にとって核計画中止は「墓場への招待状」=プーチン大統領
・独中首脳が電話会談、対北朝鮮制裁強化で一致
・ECBインフレ率見通し引き下げ、17年成長率見通しは上方修正
・ECB決定10月に持ち越し、「ユーロ高が不透明要因」

《スケジュール》

08:50  7月国際収支速報
 経常収支
     貿易収支
08:50  4-6月期実質国内総生産(GDP)改定値
13:30  企業倒産(8月) 
14:00  8月景気ウオッチャー調査

07:45  4-6月期ニュージーランド(NZ)製造業売上高
08:00  ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
09:15  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
10:30  7月豪住宅ローン件数
未定   8月中国貿易収支
14:45  8月スイス失業率
15:00  7月独貿易収支
15:00  7月独経常収支
15:45  7月仏財政収支
15:45  7月仏鉱工業生産指数
17:00  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
17:30  ロウ豪準備銀行(RBA)総裁、講演
17:30  7月英鉱工業生産指数
     製造業生産高
17:30  7月英貿易収支
18:00  バイトマン独連銀総裁、講演
20:00  リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
21:30  4-6月期カナダ設備稼働率
21:30  8月カナダ雇用統計
21:45  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
23:00  7月米卸売在庫
9日04:00 7月米消費者信用残高

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー