フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均2万円を挟んでの展開か 内閣改造にサプライズ感乏しく

  • 2017/08/03
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

米国株式市場は上昇。S&P500種株価指数は前日比0.04%上昇の2477.57で終え、NYダウは52.32ドル(0.23%)上げて22016.24ドルで取引を終えた。ナスダック総合指数は0.293下げて6362.645で終えた。NYダウは6日連続の史上最高値更新で、2万2000ドルを突破した。NYダウが大台に乗せたことで達成感も広がり、積極的に上値を追う動きは限定的であった。7月のADP雇用統計は市場の予想を下回ったものの、前月の数字が上方修正され、雇用環境は引き続き堅調であることが分かった。iPhone販売が好調だったアップルが大幅上昇し、4.73%高で最高値に達した。
NY為替市場では、ドルが対ユーロで下落。米FRBの年内追加利上げに懐疑的な見方が台頭する一方、ECBはタカ派色を強めるとの観測からユーロ買い・ドル売りが先行し、ドルは対ユーロで一時2年半ぶりの安値をつけた。
NYMEXのWTI先物9月限は前日比43セント(0.87%)高い1バレル=49.59ドルで取引を終了。米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計でガソリン需要が過去最高を記録したことが判明し、シェール原油増産が需給を悪化させるとの懸念が和らいだことが好感された。
 本日の日経平均は、方向感に欠ける展開か。前日の米国株式市場でNYダウは6日連続の史上最高値更新はしたものの、為替は円高基調。注目された内閣改造にサプライズ感乏しく、好決算銘柄の物色と利益確定売りが交錯し、為替相場を見極めながらの展開となりそうだ。市場が注目する7月の米雇用統計をあすに控え、様子見ムードも台頭しそうだ。

【買い材料】

・米国株式市場はダウ終値で初の2万2000ドル台、アップルがけん引(22016.24、+52.32)
・米アップル、4.73%高と上場来高値を更新 
・米テスラ4-6月期決算、売上高が予想を上振れる
・NY原油先物-反発、原油在庫とガソリン在庫めぐり乱高下(49.59、+0.43)
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い
・上場企業4-6月期、7割が増益に

【売り材料】

・米ADP民間雇用者数、7月は17.8万人増 伸びは予想下回る
・欧州株式市場=反落、鉱業と銀行株に売り
・ロンドン株式市場=反落、スタンチャートとリオ・ティントの決算嫌気
・7月の英建設業PMIは51.9、11カ月ぶり低水準
・恐怖指数VIXは10.28、前日比上昇
・CME225先物は大阪取引所比で下落(20060、-10)
・内閣支持急落
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・トランプ政権、政策運営に不透明感
・インド中銀、政策金利を引き下げ 次の一手は経済指標次第 レポレートを6.25%から6.00%に引き下げ
・公務員ボーナス小幅上げへ

【その他注目点】

・ドル下落、対ユーロで一時2年半ぶり安値=NY為替市場
・米債券市場-反落、超長期債の発行発表無く一時利回り低下
・欧州債-まちまち、独債は小幅ながら利回り低下
・NY金先物-反落、ドル安も利食い売り中心で下がる

・米MBA住宅ローン申請指数 -2.8%(前回発表値 +0.4%)
・米7月ADP全国雇用者数 +17.8万人〔予想 +18.5万人〕(前回発表値 +15.8万人)
※ 米6月ADP全国雇用者数は+15.8万人から+19.1万人に修正

・米エネルギー省(EIA)週間石油在庫  2017/7/28 時点
 原油 -152.7万バレル(前週 -720.8万バレル)
 ガソリン -251.7万バレル(前週 -101.5万バレル)
 中間留分(含む暖房油)-15.0万バレル(前週 -185.2万バレル)
 原油受け渡し地点オクラホマ州クッシング原油在庫 -3.9万バレル(前週 -169.9万バレル)

・トランプ米大統領、対ロ制裁強化法案に署名 ロシアは批判
・米FRBのバランスシート縮小、9月開始を支持=SF連銀総裁
・米セントルイス連銀総裁、追加利上げに反対=MNI
・新仮想通貨ビットコインキャッシュ、取引は低調な滑り出し

《スケジュール》

08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
14:30  小池東京都知事が日本外国特派員協会で会見  

10:30  6月豪貿易収支
10:45  7月Caixin中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
16:50  7月仏サービス部門PMI改定値
16:55  7月独サービス部門PMI改定値
17:00  7月ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:00  欧州中央銀行(ECB)月報
17:30  7月英サービス部門PMI
18:00  6月ユーロ圏小売売上高
20:00  英中銀金融政策委員会(MPC)2日目、終了後政策金利発表
20:00  MPC議事要旨
20:00  英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
20:30  7月米企業の人員削減数(チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社調べ)
21:30  前週分の米新規失業保険申請件数
23:00  7月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
23:00  6月米製造業新規受注

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー